今年の東京デザイナーズウィークで一番気持ちが良かった作品

2011年 11月 11日 13:03 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近では東京デザイナーズウィークと言えば、すっかり絵画館のあの場所と、大きなテントがアイコンとなった。

 このメインコンテンツである「環境デザインTENT」に入ってすぐのところに、全会場を見終わった後でも、もっとも印象に残る展示、何年か後かに写真を振り返って「ああ、2011年と言えば、あの展示があったよね」という象徴になるような展示があった。ドコモによる「docomo Palette UI」をテーマにしたインスタレーション作品だ。

 アーチ状の通路の両壁面に投影されているブロックやらバタフライやら、タイポやらインクのような映像。その下にドコモのスマートフォンが置かれている。画面に映し出されている映像は、虹のようにカラフルなパレットUI―ドコモ製アンドロイドの新しい顔となる画面だ。

 ここでそのタッチスクリーンに惹かれるようにして、虹色の帯を下方向にフリックすると、上部スクリーンに表示されていた映像が、シュルシュルとスマートフォンの中に吸い込まれ、下から色とりどりのカラーバーになっていく。

 ともすれば情報が溢れ過ぎていてわかりにくいスマートフォンの複雑さを、パレットUIがシンプルに整理してくれるような印象を与える。

 逆に同じパレットUIを上に向かってスクロールすると、カラーバーから、文字やら色やら形やらといったエキサイティングな情報が飛び出してくる。


 このフリック反応の滑らかさと、音や映像のシンクロ効果が、あまりにも気持ちよく、クルクル回転する輪っかのおもちゃを一心不乱に回しつづける赤ん坊のように、いつまでもスクロールし続けてしまう。説明すると、シンプルなのだが、仕上がりの触り心地もよければ、映像も美しく、本当に魅力的な展示だ。

Related article

  • MacBook持ち歩くなら、フライターグ新作で
    MacBook持ち歩くなら、フライターグ新作で
  • クリスタルのように美しい「harman/kardon GLA-55」
    クリスタルのように美しい「harman/kardon GLA-55」
  • ボルボS60、感情に届く形状の秘密。デザイナーインタビュー
    ボルボS60、感情に届く形状の秘密。デザイナーインタビュー
  • フォトギャラリー:カッシーナ・イクスシー青山本店
    フォトギャラリー:カッシーナ・イクスシー青山本店
  • ムービー:トランスゾーラー+近藤哲雄「Cloudscapes」
    ムービー:トランスゾーラー+近藤哲雄「Cloudscapes」
  • AIRがカルティエのために制作したムービー
    AIRがカルティエのために制作したムービー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    スカイツリー内、伝統工芸ツリーの秘密。デザイナー橋本夕紀夫インタビュー
  • 2
    フォトギャラリー:フォルクスワーゲン「シロッコ」発表会
  • 3
    フォトギャラリー:BMW史上最速のSUV「BMW X6 M」
  • 4
    今年も伊勢丹新宿店がデザインタイドトーキョーに
  • 5
    フォトギャラリー:史上、最も環境に優しいレンジローバー「Range_e」
  • 6
    iPad版もリリース、岡田敦x守時タツミ ataraxia [photo theater]
  • 7
    ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」
  • 8
    フォトギャラリー:ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明
  • 9
    鏡面仕上げステンレスの美しいボールペン
  • 10
    グラフィックデザイナーによる本のデザインを展示

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加