東京都美術館の新ロゴ発表、デザインは吉岡徳仁氏

2011年 11月 16日 18:35 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 15日(火)、東京都美術館の新しいシンボルマークとロゴが発表された。デザインを手がけたのは吉岡徳仁氏。

東京都美術館の新ロゴ

 東京・上野の東京都美術館は1975年に建築家・前川國男氏によって設計された。現在は開館以来のリニューアル工事が進行中で、全面休館している。リニューアル開館は2012年4月の予定。

東京都美術館の新ロゴ

 シンボルマークは、造形の原点でもあるキューブをコンセプトにデザインされた。建物の外装に施す茶褐色と、日本の和を感じさせる赤を融合させた新たなカラーを採用。美術館そのものを象徴したキュービックなデザインと、線で描かれた透明感のあるデザインの2種類から構成され、「美術館の歴史と未来の融合をイメージした」という。

 リニューアル後の予定企画展は以下の通り。

マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝
2012年6月30日(土)~9月17日(月・祝)企画展示室

メトロポリタン美術館展 大地、海、空 4000年の美への旅
2012年10月6日(土)~2013年1月4日(金)

エキサイトイズム編集部

Related article

  • 吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」がヴェネツィア・ビエンナーレに
    吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」がヴェネツィア・ビエンナーレに
  • スーラの光、マティスの色に見る「新印象派」展
    スーラの光、マティスの色に見る「新印象派」展
  • 六本木の超高層ビルで自然を感じる「ネイチャー・センス展」
    六本木の超高層ビルで自然を感じる「ネイチャー・センス展」
  • 吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート
    吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート
  • ムービー:吉岡徳仁によるスワロフスキーのブース
    ムービー:吉岡徳仁によるスワロフスキーのブース
  • いよいよ迫るミラノサローネ、吉岡徳仁の出品作とは?
    いよいよ迫るミラノサローネ、吉岡徳仁の出品作とは?

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「ワレサ 連帯の男」
  • 2
    六本木の超高層ビルで自然を感じる「ネイチャー・センス展」
  • 3
    「ヴィヴィアン・ウエストウッド オーパス展」が開催
  • 4
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 5
    ナイスガイズ! 【今週末見るべき映画】
  • 6
    ミラノのステイショナリーブランドNAVAから深澤直人デザイン
  • 7
    世界最上のリゾート体験をドバイで。One&Only Royal Mirage
  • 8
    今週末見るべき映画「ここに幸あり」
  • 9
    欧州No1の実力。FORD フィエスタ|試乗レポート
  • 10
    今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加