3日からチャーリー・コールハース写真展

2011年 12月 26日 15:45 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月3日より東京・恵比寿の「ギャラリー ここ」にて、チャーリー・コールハース建築写真展「Metabolism Trip」が開催される。

 チャーリー・コールハース氏は建築家レム・コールハース氏の娘。写真展では建築物そのものではなく、時間の経過とそこに住む人々によって変化、あるいは進化していったメタボリズム建築の成長の軌跡に注目している。会場構成は、建築家の重松象平氏。15日まで。

プロフィール:チャーリー・コールハース
1977年ロンドン生まれのオランダ人。社会学者・アーティスト。雑誌や書籍、展覧会で執筆活動や映像作品・写真を発表している。1999年にNY大学で社会学を学び、2004年にロンドン大学ゴールドスミス・カレッジでインタラクティブ・メディアを修了。2005年、中国の広州に滞在しインターナショナル・ジャーナル「UNIT MAGAZINE」を創刊。2007年深セン・香港都市/建築ビエンナーレに共同キュレーターとして参加。ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2006年)、広州トリエンナーレ(2005年)、ヴィトラ・デザイン・ミュージアム“ドバイ・ネクスト”(2008年)などで写真作品を展示しているほか、ベルリンのアエデス・ラント・ギャラリー(2009年)、ロンドンのAAスクール(2011年)で個展“True Cities”を開催。2012年1月、初の写真集「Metabolism Trip」(平凡社)を発表予定。

「Metabolism Trip」チャーリー・コールハース建築写真展
ギャラリー ここ
東京都渋谷区恵比寿南2-8-13 キョウデンビル2階
2012年1月3日~15日
Open.12:00~18:00

エキサイトイズム編集部

Related article

  • この夏行くべきアートスポットは「犬島」
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • 森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
    森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
  • 建築家 丹下健三の瀬戸内。「丹下健三 伝統と創造 瀬戸内から世界へ」展
    建築家 丹下健三の瀬戸内。「丹下健三 伝統と創造 瀬戸内から世界へ」展
  • ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
  • カラフルになった「SANAAチェア」
    カラフルになった「SANAAチェア」
  • ムービー:妹島和世 第12回ベネチアビエンナーレ国際建築展
    ムービー:妹島和世 第12回ベネチアビエンナーレ国際建築展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 2
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 3
    舞台「趣味の部屋」レビュー
  • 4
    今週末見るべき映画「幸せのありか」
  • 5
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 6
    デザインから見る、新型MacBookの凄さ(2)
  • 7
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 8
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 9
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 10
    「西野達 別名 大津達 別名 西野達郎 別名 西野竜郎」出版記念展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加