Interview:重松象平「チャーリー・コールハース建築写真展」

2012年 1月 6日 12:11 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・恵比寿でチャーリー・コールハース建築写真展「Metabolism Trip」が15日まで開催中だ。チャーリー・コールハース氏は、ヴィトラなどでも個展を開催するなど、グローバルに活動するオランダ出身の社会学者でアーティスト。

 本展のテーマとなったメタボリズムは現在、東京・六本木の森美術館で大規模な回顧展が開催され、世界的に再評価の機運が高まっている「新陳代謝」を意味する日本発の世界的な建築運動だ。

 会場構成を担当したのは、建築家の重松象平氏。重松氏はレム・コールハース氏が組織する建築設計事務所OMAの日本人初のパートナーであり、NY事務所代表を務める。ギャラリーここでの会場構成は、2010年の「NEW YORK The Loudest」、渋谷慶一郎氏の「MASSIVE LIFE FLOW」に続いて3度目となる。

 会場はチャーリー・コールハース氏の写真作品が天井から吊るされており、写真のあいだを自由に歩き回りながら楽しむ構成になっている。重松象平氏に会場構成とメタボリズムについて話を聞いた。

重松象平氏

―会場構成についてお聞かせください。

 今回の写真は、40年以上前につくられたメタボリズム建築が、今どのように使われているのかということがテーマになっていますが、僕はそれをもう少し彼女の私的なトリップとしてとらえました。そこで、最初に彼女からコンタクトシートをもらったときのまま、それを展示にしてしまおうと考えました。それと外国から来た彼女が、1960年代という、メタボリズムが華やかな時代にタイムスリップしたかのように、昔のメタボリズム建築を訪れたときのわくわく感やドキドキしている感じを、この展示を見た人が追体験できるようにしたいと思いました。

 等間隔に写真を天井からスチールの棒で固定して吊り下げ、その間を来場者の方が歩いてみてまわることで、1つの写真をみていると、自然とほかの写真がみえたりと、あたかも風景をみているような、実際の街の中を歩いているような感じにしています。

Related article

  • インタビュー:ニコラ・ニコロフ「ポスト・フォッシル」展より
    インタビュー:ニコラ・ニコロフ「ポスト・フォッシル」展より
  • 既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」
    既存の枠組を無効化する、ちいさな光「拡張するファッション」
  • Interview:BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展
    Interview:BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展
  • さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
    さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
  • Interview:ワハハ本舗・ポカスカジャン・タマ伸也|「巻き込み力」が繰りなすエンタメ世界
    Interview:ワハハ本舗・ポカスカジャン・タマ伸也|「巻き込み力」が繰りなすエンタメ世界
  • ティルダ スウィントンが魅せる、メティエダールコレクションの世界
    ティルダ スウィントンが魅せる、メティエダールコレクションの世界

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • 3
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 4
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
  • 5
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • 6
    フランス映画祭、見どころ|2015
  • 7
    ポイント倍率が最大3倍の新しいクレジットカード
  • 8
    今週末見るべき映画「おみおくりの作法」
  • 9
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 10
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加