『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

Interview:重松象平「チャーリー・コールハース建築写真展」

2012年 1月 6日 12:11 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・恵比寿でチャーリー・コールハース建築写真展「Metabolism Trip」が15日まで開催中だ。チャーリー・コールハース氏は、ヴィトラなどでも個展を開催するなど、グローバルに活動するオランダ出身の社会学者でアーティスト。

 本展のテーマとなったメタボリズムは現在、東京・六本木の森美術館で大規模な回顧展が開催され、世界的に再評価の機運が高まっている「新陳代謝」を意味する日本発の世界的な建築運動だ。

 会場構成を担当したのは、建築家の重松象平氏。重松氏はレム・コールハース氏が組織する建築設計事務所OMAの日本人初のパートナーであり、NY事務所代表を務める。ギャラリーここでの会場構成は、2010年の「NEW YORK The Loudest」、渋谷慶一郎氏の「MASSIVE LIFE FLOW」に続いて3度目となる。

 会場はチャーリー・コールハース氏の写真作品が天井から吊るされており、写真のあいだを自由に歩き回りながら楽しむ構成になっている。重松象平氏に会場構成とメタボリズムについて話を聞いた。

重松象平氏

―会場構成についてお聞かせください。

 今回の写真は、40年以上前につくられたメタボリズム建築が、今どのように使われているのかということがテーマになっていますが、僕はそれをもう少し彼女の私的なトリップとしてとらえました。そこで、最初に彼女からコンタクトシートをもらったときのまま、それを展示にしてしまおうと考えました。それと外国から来た彼女が、1960年代という、メタボリズムが華やかな時代にタイムスリップしたかのように、昔のメタボリズム建築を訪れたときのわくわく感やドキドキしている感じを、この展示を見た人が追体験できるようにしたいと思いました。

 等間隔に写真を天井からスチールの棒で固定して吊り下げ、その間を来場者の方が歩いてみてまわることで、1つの写真をみていると、自然とほかの写真がみえたりと、あたかも風景をみているような、実際の街の中を歩いているような感じにしています。

Related article

  • 北欧の人々の豊かな暮らしのある風景。ホンマタカシ写真展「北欧建築とか。」
    北欧の人々の豊かな暮らしのある風景。ホンマタカシ写真展「北欧建築とか。」
  • ムービー:アマダナ 鄭秀和インタビュー
    ムービー:アマダナ 鄭秀和インタビュー
  • インタビュー:エスタブリッシュド&サンズ日本上陸
    インタビュー:エスタブリッシュド&サンズ日本上陸
  • iPad版もリリース、岡田敦x守時タツミ ataraxia [photo theater]
    iPad版もリリース、岡田敦x守時タツミ ataraxia [photo theater]
  • いま観るべき芝居『わが星』|劇団ままごと劇作家・柴幸男インタビュー
    いま観るべき芝居『わが星』|劇団ままごと劇作家・柴幸男インタビュー
  • 麗しき女性たち マルティーヌ・フランク写真展
    麗しき女性たち マルティーヌ・フランク写真展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    パッケージ幸福論 2011「幸福を届けるパッケージ」
  • 2
    吉田カバン×ビームスの手ぶらダッフル
  • 3
    今週末見るべき映画「地下鉄のザジ」
  • 4
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 5
    ジャズ名盤講座第15回「アーゴ/カデット編」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    世界初のリキッドメタル、オメガ「シーマスター」限定モデル
  • 7
    独ミーレのデザイン家電、掃除機に新モデル
  • 8
    今週末見るべき映画「パリよ、永遠に」
  • 9
    建築家 丹下健三の瀬戸内。「丹下健三 伝統と創造 瀬戸内から世界へ」展
  • 10
    日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加