『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

EVのソーシャルデザイン革命、日産リーフ×坂本龍一氏インタビュー

2012年 4月 10日 00:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 電気自動車は地球とクルマ社会の未来をどう変える?日産リーフのオーナー向けイベントに、坂本龍一氏、村上龍氏が登壇。EV社会の今後を語り合った。またエキサイトイズムでは、坂本龍一氏にEVが社会にもたらすデザイン革命についてもインタビュー。

 先日、グランパシフィック LE DAIBAにて開かれた日産リーフ初のオーナー向けイベント「Nissan LEAF the new owner’s meeting 2012」。会場には日産リーフオーナー150名が集い、坂本龍一氏×村上龍氏×日産自動車 渡部英朗氏のトークセッションに耳を傾けた。

坂本:「リーフに乗ってみて感じたのは、とにかく軽い、走りがスムーズということですね。また重心が低く設計されているので、軽いのに安定しているのも魅力でした」

村上:「あの滑らかさは、ウィンドサーフィンで風に乗ってスムーズに走る感じに似ていると思いました。風が吹くと、スーっといく。あの加速の感じが似ていますね」

 自身もリーフオーナーであるという坂本氏、村上氏は乗り心地の魅力を語り合った。そして両者が期待するのは、“リーフ to ホーム”という仕組みだ。リーフのバッテリーは、今後、家庭の蓄電池としても活用できるようになる予定で、そうなると家庭で作った電力を貯めたり、必要なときに供給したりできるようになる。

村上:「我が家は太陽光発電を行なっていますが、リーフ to ホームが可能になれば、自分で作った電力を、好きなときに自分で消費することができるようになりますよね」

一方、NY在住の坂本氏は、電力をロングアイランドの風力発電所から買っているという。

坂本:「これからのEV社会の成熟は、電気の多様化を後押しするきっかけにもなるのでは。小さいコミュニティ、あるいは自分の家で電気を作れるようになって、それをEVのバッテリーに貯めて使ったり、災害時に役立てたり。そういう使い方が今後も進化していくでしょうね。20年くらいかかるかもしれませんけれど」

村上:「今は電力の地産地消のための努力が行なわれていますから、もっと早いかもしれませんね。今後はEVのユーザーがそれぞれ工夫して、新しい使い方を発見し、社会を進化させていくことができるといいですね」

Related article

  • おしゃれデザインを発掘「100% Design Tokyo」レポート(2)
    おしゃれデザインを発掘「100% Design Tokyo」レポート(2)
  • フォトギャラリー:新型フェアレディZ
    フォトギャラリー:新型フェアレディZ
  • SIHH2011速報、カルティエから驚愕の新作ウォッチ
    SIHH2011速報、カルティエから驚愕の新作ウォッチ
  • きらめく異次元へ、シャネル銀座リニューアルオープン
    きらめく異次元へ、シャネル銀座リニューアルオープン
  • オバマ大統領の左腕に光る、ダイバーズ時計とは?
    オバマ大統領の左腕に光る、ダイバーズ時計とは?
  • フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「神々のたそがれ」
  • 2
    ロンドンのギャラリー「コンクリートハーミット」がコンランショップに
  • 3
    世界のキッチングッズブランドが集まる「サテリテ」
  • 4
    「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本
  • 5
    ミラノサローネ2010、Kartellが真っ黒に!
  • 6
    アート?家具? イタリア家具「カッシーナ」が展覧会を開催
  • 7
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
  • 8
    今年最も行くべきエキシビション「the new market」
  • 9
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 10
    初の大規模個展 「蜷川実花展 地上の花、天上の色」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加