ミラノサローネ、小さな主役は美しい小物たち

2012年 6月 28日 12:30 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月後半から始まったミラノサローネの報告も、ついに最終回。もとはイタリアの家具メーカーの集まりから始まったミラノサローネだが、今やライフスタイル全般を扱うフェアとして、家具、照明、キッチン、バス、ファブリック、アート…そして食器や生活雑貨などの小物。その対象範囲は広がっている。

 小物といっても、日本の暮らしでもすぐに使える手頃なものから、お値段が数百万円もするアートに近いようなオブジェまで、幅広く新作が発表される。写真はイタリアの陶器ブランド、ボーサ社のブランター「ドームサイ」。まるで人間のようなユニークな小物だ。

 ミラノサローネ会場でも、キッチン展の中に小物ブランドのブースを多く見かけた。日本でも人気のセレッティ社。白の陶器などを中心に、アートのような遊び心あふれる雑貨は、値段も手頃。


Related article

  • 実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展
    実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展
  • DESIGNTIDE TOKYO、タイドマーケットレポート(1)
    DESIGNTIDE TOKYO、タイドマーケットレポート(1)
  • フォトギャラリー:スペインの光 - Spainalight
    フォトギャラリー:スペインの光 - Spainalight
  • イタリアの世にも美しいタイル「ビザッツァ」が東京に
    イタリアの世にも美しいタイル「ビザッツァ」が東京に
  • 紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
    紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
  • パナソニックが目指すこと―ミラノサローネ出展を振り返る
    パナソニックが目指すこと―ミラノサローネ出展を振り返る

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドの現代作家による「Awakening」
  • 2
    ミニマルな建築空間で味わうデザインキッチン|福岡に誕生
  • 3
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 4
    バックパックに入る世界最小の電動サイクル誕生
  • 5
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 6
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 7
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 8
    今週末見るべき映画「クリスマス・ストーリー」
  • 9
    グラフィカルに食卓を装う はし袋
  • 10
    「私たちは関係性のなかで生きている」エルネスト・ネト インタビュー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加