特撮にみる職人の技術と匠の技。『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』

2012年 8月 1日 12:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都現代美術館で、日本の「特撮」の映像技術をテーマにした大規模な展覧会『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』が開催中だ。『特撮』とはミニチュア模型などを用いて撮影 製作されたテレビや映画などの映像作品のことで、怪獣映画やSF作品など、実写では不可能な映像を特殊撮影により実現し、戦後の日本の高度経済成長のなかで人気を博した映像表現のひとつ。

 戦後生まれの現在40歳以上の世代にはおなじみの「ゴジラ」や「ガメラ」、「ウルトラマン」や宇宙戦争ものなど、日本の特撮映像の父、円谷英二がはじめた日本の特撮は、ヒーローや巨大怪獣たちが精巧なミニチュアでつくられた都市の風景のなかを大暴れするダイナミックなシーンで、子供たちを中心にそれを観る人々を熱狂させた。そんな特撮の中からミニチュアワークと呼ばれる技術や表現に特化した作品や資料を一堂に集め、展示している。

メカゴジラ2 スーツ「メカゴジラの逆襲」1975年 東宝特殊美術課 制作

 本展は東京都現代美術館がスタジオジブリの企画協力のもと、2003年夏から毎年この時期に開催してきたアニメーションに関する企画展としては、今年で10回目となるもの。今回の展覧会ではスタジオジブリ プロデューサーの鈴木敏夫氏、そして人気アニメ 『エヴァンゲリオン』シリーズを手がける庵野秀明監督、映画監督の樋口真嗣監督の3名がタッグを組むこともあり、開催前から大きな話題になった。

左から、樋口真嗣副館長、庵野秀明館長、鈴木敏夫プロデューサー


Related article

  • オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
    オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
  • コンテナ建築を被災地に届けるプロジェクトが始動
    コンテナ建築を被災地に届けるプロジェクトが始動
  • 浅草発のデザインのエキシビション「TOKYO L」が開催
    浅草発のデザインのエキシビション「TOKYO L」が開催
  • 太宰府天満宮、「神さまはどこ?酒井咲帆 前田景写真展」が開催中
    太宰府天満宮、「神さまはどこ?酒井咲帆 前田景写真展」が開催中
  • 漫画家 大友克洋が原画にたくす思い「大友克洋 GENGA展」が開催中
    漫画家 大友克洋が原画にたくす思い「大友克洋 GENGA展」が開催中
  • 話題の「LLOVE」客室プラン:速報!秋の東京デザイン祭り
    話題の「LLOVE」客室プラン:速報!秋の東京デザイン祭り

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    B&B ITALIA、夏のアウトドア家具新作
  • 3
    音降る部屋は心地よい、パイオニア「ACCO」
  • 4
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 5
    しあわせな人生の選択 【今週末見るべき映画】
  • 6
    タイム アンド スタイルの新作は「クラシカル」
  • 7
    オランダのデザイナー展「トレジャー・ハント:心を捉えるものは何?」
  • 8
    深夜までおいしい蕎麦が味わえる店「銀座 真田」
  • 9
    フリッツ・ハンセン ー次なる新作の製作をミラノで披露
  • 10
    アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加