VWの新スモールカーup!  ワルター・デ・シルヴァが語る次世代モビリティ

2012年 10月 18日 12:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォルクスワーゲンの新しいスモールカー、up! 発表に合わせて、同グループデザイン責任者のワルター・デ・シルヴァ氏が来日。up! のデザインについて語った。次世代のモビリティをデザインするとはどういうことか? 数々のクルマの歴史を作ってきたカリスマにインタビュー。

「up! はモビリティの民主化に貢献する、新しいクルマです。プロダクトデザイン的なアプローチで、わかりやすく、誰でも親しんで街中を乗りこなせるシンプルさを大切にしました。今までのクルマとは違う、と感じて頂けることでしょう」


 東京・渋谷で開かれたup! のプレゼンテーションでは、デザイナーのワルター・デ・シルヴァ氏がその場でスケッチを描きながら、新しいスモールカーの魅力を語ってくれた。ヨーロッパに続き、日本市場でも発売されたフォルクスワーゲンのスモールカー、up! 。ゴルフやビートルの感性を受け継ぎながらも、まったく新しい次世代の1リッターカーが登場した。デザインを手がけたのは、ワルター・デ・シルヴァ氏。1970年代からイタリアで数々の名車を手がけ、2007年からはフォルクスワーゲンAGグループデザイン責任者に就任し、up! の開発に当初から関わってきた。そんな同氏にデザインについて伺った。

-クルマをプロダクトデザイン的なアプローチでデザインする、とお話されていましたが、これにはどのような意図があるのでしょう? 

まずup! は非常に現代的なスモールカーです。日常生活で使われるさまざまなプロダクトと同じように、気軽に接することができるクルマです。いま、シンプルであるけれど機能的なモノを求めるという人々が増えていますが、up!はそういうモノを好む世代に対して、訴える魅力を備えています。機能に裏打ちされたシンプリシティが、up! のデザインには貫かれています。小さなクルマですが、単に大きいものを小さくしたのではなく、小さなサイズのために設計しました。小さいけれど、ホイールベースは長めに設定しています。またシティエマージェンシーブレーキ装備(低速域での追突回避のブレーキ)によって、サイズを超えた安全性能を持たせているというのもこだわりです。


Related article

  • キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04
    キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04
  • サンヴェットモン「布製の遊び道具と文房具展」
    サンヴェットモン「布製の遊び道具と文房具展」
  • 本棚の奥から現れるハワイのとっておきの隠れ家「ザ モダン ホノルル」
    本棚の奥から現れるハワイのとっておきの隠れ家「ザ モダン ホノルル」
  • パリの街角vol.6『エドヴィナ・ド・シャレット with シンスケ』
    パリの街角vol.6『エドヴィナ・ド・シャレット with シンスケ』
  • 空間が消える? ミラノサローネ、建築家・谷尻誠インタビュー
    空間が消える? ミラノサローネ、建築家・谷尻誠インタビュー
  • 斬新な九谷焼 「上出・九谷・惠悟展 九谷焼コネクション」
    斬新な九谷焼 「上出・九谷・惠悟展 九谷焼コネクション」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 2
    Blue Note Tokyo × BEAMS ブルーノート東京30周年記念、コラボレーションアイテム発売
  • 3
    円と直線が生み出す本質。固定観念に挑み続ける表現者、高橋理子
  • 4
    ポルシェは4モデルを日本初公開、東京モーターショー
  • 5
    今週末見るべき映画<番外編>「フランス映画祭2014」
  • 6
    新型ポロ、「コンパクト」を超えたデザインと走りのDNA
  • 7
    今週末見るべき映画「フード・インク」
  • 8
    自分への贈り物。シャネルで探す、大人のご褒美ギフト
  • 9
    世界最大のショコライベント、サロン・デュ・ショコラが開催中
  • 10
    注目!カイカイキキ期待の新人、obの初個展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加