リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー

2012年 10月 25日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月24日から伊勢丹新宿店でスタートした、スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソンの企画展。丸いフォルムの、愛らしい表情の動物たちの陶器の作品は、日本を始め、世界各国の人々から愛され続けている。その人気の理由を探るため、10月初旬にリサ・ラーソン本人にインタビューを行ったエキサイトイズム編集部は、展示に向けて製作で忙しい工房も訪ねた。

昨日10月24日からスタートした展示風景。限定商品の中には、既に完売商品も。


10月初旬、スウェーデンの工房を訪問

 リサ・ラーソンの作品を作り続けているのは、ストックホルム郊外、グスタフスベリにある「ケラミーク ストゥディオン」社。1992年、リサがスウェーデンを代表する名窯「グスタフスベリ」社を退社後に設立した工房だ。共同経営者であり、リサをサポートし続けているフランコ・ニコロージ氏をはじめ、製作スタッフは10人。モデルの原型、型づくり、土を流し込んで成型、釉薬、絵付けまで、プロダクトを作るすべてのプロセスを手作業で行っている。


 「ほかの工房は外注に頼んだり、分業になっているところがほとんど。うちは小さな工房だけど、最初から最後まですべての作業ができるのが強み。それができるからこそ、いろいろなコラボレーションも可能なんです」とフランコ氏。

 実際にリサのプロダクトがどのように作られているのか、その工程を見せてもらった。

Related article

  • 「クライン ダイサム アーキテクツ」の展覧会が開催
    「クライン ダイサム アーキテクツ」の展覧会が開催
  • 葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
    葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
  • カクテルグラス全115種を一堂に「木勝」展
    カクテルグラス全115種を一堂に「木勝」展
  • Bang & Olufsenの新型液晶テレビ「BeoVision 8」
    Bang & Olufsenの新型液晶テレビ「BeoVision 8」
  • 「MoMA Design Store」2010年S/Sコレクション
    「MoMA Design Store」2010年S/Sコレクション
  • 「中川政七商店」老舗の快進撃から目が離せない
    「中川政七商店」老舗の快進撃から目が離せない

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界最高効率の超コンパクトEV「T.27 City Car」
  • 2
    普遍と不変の違いとは
  • 3
    Interview:「イロイロ ぬくもりの記憶」アンソニー・チェン監督
  • 4
    今週末見るべき映画「塀の中のジュリアス・シーザー」
  • 5
    ルイの9番目の人生 【今週末見るべき映画】
  • 6
    深澤直人さんによる初めてのジュエリー「GEOMETRIC」|「agete」より発売
  • 7
    注目にはドッカーン加速で。ラクで楽しいNM4|試乗レポート
  • 8
    250周年を迎えたバカラより、涼しげな日本限定グラスを
  • 9
    シリコンバレーだけじゃない、Newな「サンフランシスコ」
  • 10
    遊びのなかの色と形 クルト・ネフ&アントニオ・ヴィターリ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加