リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー

2012年 10月 25日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月24日から伊勢丹新宿店でスタートした、スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソンの企画展。丸いフォルムの、愛らしい表情の動物たちの陶器の作品は、日本を始め、世界各国の人々から愛され続けている。その人気の理由を探るため、10月初旬にリサ・ラーソン本人にインタビューを行ったエキサイトイズム編集部は、展示に向けて製作で忙しい工房も訪ねた。

昨日10月24日からスタートした展示風景。限定商品の中には、既に完売商品も。


10月初旬、スウェーデンの工房を訪問

 リサ・ラーソンの作品を作り続けているのは、ストックホルム郊外、グスタフスベリにある「ケラミーク ストゥディオン」社。1992年、リサがスウェーデンを代表する名窯「グスタフスベリ」社を退社後に設立した工房だ。共同経営者であり、リサをサポートし続けているフランコ・ニコロージ氏をはじめ、製作スタッフは10人。モデルの原型、型づくり、土を流し込んで成型、釉薬、絵付けまで、プロダクトを作るすべてのプロセスを手作業で行っている。


 「ほかの工房は外注に頼んだり、分業になっているところがほとんど。うちは小さな工房だけど、最初から最後まですべての作業ができるのが強み。それができるからこそ、いろいろなコラボレーションも可能なんです」とフランコ氏。

 実際にリサのプロダクトがどのように作られているのか、その工程を見せてもらった。

Related article

  • 秋田道夫デザインのIHクッキングプレート
    秋田道夫デザインのIHクッキングプレート
  • 奥山清行デザインの次世代カーに、タグ・ホイヤーが搭載
    奥山清行デザインの次世代カーに、タグ・ホイヤーが搭載
  • grafによる「エキタマ」がJR田町駅に誕生
    grafによる「エキタマ」がJR田町駅に誕生
  • ドイツBRAUN社ディートリッヒ・ルブスの万年筆
    ドイツBRAUN社ディートリッヒ・ルブスの万年筆
  • 生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から
    生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から
  • 草間彌生ケータイ誕生、auの新ブランド「iida」
    草間彌生ケータイ誕生、auの新ブランド「iida」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 2
    フォトギャラリー:「ニスモ 370Z」
  • 3
    フォトギャラリー:「アウディA5 カブリオレ」発表会
  • 4
    銀座の真ん中に「銀座どうぶつ園 ほぼ原寸大 写真展」
  • 5
    フォトギャラリー:「harman/kardon GLA-55」
  • 6
    今週末見るべき映画「教授のおかしな妄想殺人」
  • 7
    フォトギャラリー:リコー GR DIGITALIII発表会
  • 8
    フォトギャラリー:「BeoSound 5」
  • 9
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(2)
  • 10
    空気清浄機の決定版、バルミューダの「JetClean(ジェットクリーン)」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加