リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー

2012年 10月 25日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月24日から伊勢丹新宿店でスタートした、スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソンの企画展。丸いフォルムの、愛らしい表情の動物たちの陶器の作品は、日本を始め、世界各国の人々から愛され続けている。その人気の理由を探るため、10月初旬にリサ・ラーソン本人にインタビューを行ったエキサイトイズム編集部は、展示に向けて製作で忙しい工房も訪ねた。

昨日10月24日からスタートした展示風景。限定商品の中には、既に完売商品も。


10月初旬、スウェーデンの工房を訪問

 リサ・ラーソンの作品を作り続けているのは、ストックホルム郊外、グスタフスベリにある「ケラミーク ストゥディオン」社。1992年、リサがスウェーデンを代表する名窯「グスタフスベリ」社を退社後に設立した工房だ。共同経営者であり、リサをサポートし続けているフランコ・ニコロージ氏をはじめ、製作スタッフは10人。モデルの原型、型づくり、土を流し込んで成型、釉薬、絵付けまで、プロダクトを作るすべてのプロセスを手作業で行っている。


 「ほかの工房は外注に頼んだり、分業になっているところがほとんど。うちは小さな工房だけど、最初から最後まですべての作業ができるのが強み。それができるからこそ、いろいろなコラボレーションも可能なんです」とフランコ氏。

 実際にリサのプロダクトがどのように作られているのか、その工程を見せてもらった。

Related article

  • 世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
    世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
  • イタレッセからシャンパーニュを味わうための完璧なグラス
    イタレッセからシャンパーニュを味わうための完璧なグラス
  • デザインタイドトーキョー メイン会場レポート
    デザインタイドトーキョー メイン会場レポート
  • ハンス・J・ウェグナーの意外なデザインを復刻
    ハンス・J・ウェグナーの意外なデザインを復刻
  • 原研哉デザイン、「KENZO POWER」にコロン
    原研哉デザイン、「KENZO POWER」にコロン
  • 古い洋書のようなPCケース「BookBook」
    古い洋書のようなPCケース「BookBook」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    今週末見るべき映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
  • 3
    ルイ・ヴィトンの小物が動物に変身? 英国女性作家のアートワーク
  • 4
    ショーメ × ソフィー・マルソー、官能のラブストーリー
  • 5
    今週末見るべき映画「バレエに生きる ~パリ・オペラ座のふたり~」
  • 6
    東京デザイナーズウィーク「100% Design Tokyo」レポート
  • 7
    美食大国マレーシア|二大グルメタウンの自慢料理
  • 8
    パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち【今週末見るべき映画】
  • 9
    ヘリノックス新作、丈夫で軽量なテーブルが登場
  • 10
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の四「金銀の爪きり/うぶけや」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加