リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー

2012年 10月 25日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月24日から伊勢丹新宿店でスタートした、スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソンの企画展。丸いフォルムの、愛らしい表情の動物たちの陶器の作品は、日本を始め、世界各国の人々から愛され続けている。その人気の理由を探るため、10月初旬にリサ・ラーソン本人にインタビューを行ったエキサイトイズム編集部は、展示に向けて製作で忙しい工房も訪ねた。

昨日10月24日からスタートした展示風景。限定商品の中には、既に完売商品も。


10月初旬、スウェーデンの工房を訪問

 リサ・ラーソンの作品を作り続けているのは、ストックホルム郊外、グスタフスベリにある「ケラミーク ストゥディオン」社。1992年、リサがスウェーデンを代表する名窯「グスタフスベリ」社を退社後に設立した工房だ。共同経営者であり、リサをサポートし続けているフランコ・ニコロージ氏をはじめ、製作スタッフは10人。モデルの原型、型づくり、土を流し込んで成型、釉薬、絵付けまで、プロダクトを作るすべてのプロセスを手作業で行っている。


 「ほかの工房は外注に頼んだり、分業になっているところがほとんど。うちは小さな工房だけど、最初から最後まですべての作業ができるのが強み。それができるからこそ、いろいろなコラボレーションも可能なんです」とフランコ氏。

 実際にリサのプロダクトがどのように作られているのか、その工程を見せてもらった。

Related article

  • 20日まで「デザイナーズ集合住宅の過去・現在・未来 展」
    20日まで「デザイナーズ集合住宅の過去・現在・未来 展」
  • 【速報】 伊勢丹新宿店 「ISETAN DESIGN WEEK 2013」
    【速報】 伊勢丹新宿店 「ISETAN DESIGN WEEK 2013」
  • 南イタリア、プーリアの陽光と海をイメージした“キッチンに住む” Rマーク
    南イタリア、プーリアの陽光と海をイメージした“キッチンに住む” Rマーク
  • 現実はいかにして歪曲したのか? スティーブ・ジョブズの人生に迫る
    現実はいかにして歪曲したのか? スティーブ・ジョブズの人生に迫る
  • マネキン型ロボット「Palette」、和光ショーウィンドウに出現
    マネキン型ロボット「Palette」、和光ショーウィンドウに出現
  • MY傘は、こだわりのデザインで
    MY傘は、こだわりのデザインで

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展
  • 2
    バング&オルフセンの目覚ましクロック「BeoTime」
  • 3
    「つながり」を考えるアート、森美術館で開催中
  • 4
    今週末見るべき映画「クロワッサンで朝食を」
  • 5
    自分らしさを探して。ボビイ ブラウンPR、森田由美さんの人生の旅。
  • 6
    ミニマルな建築空間で味わうデザインキッチン|福岡に誕生
  • 7
    クライスラー、ジープ ラングラー ルビコン10周年記念モデルを発売
  • 8
    お洒落なストレッチダウン“YOSOOU”/シーズンの始めにダウンを買う(3)
  • 9
    東京・青山のフレンチレストラン「ブノワ」が営業再開
  • 10
    ”ウイダーin ゼリー”20周年の進化を、佐藤可士和がデザイン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加