リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー

2012年 10月 25日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月24日から伊勢丹新宿店でスタートした、スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソンの企画展。丸いフォルムの、愛らしい表情の動物たちの陶器の作品は、日本を始め、世界各国の人々から愛され続けている。その人気の理由を探るため、10月初旬にリサ・ラーソン本人にインタビューを行ったエキサイトイズム編集部は、展示に向けて製作で忙しい工房も訪ねた。

昨日10月24日からスタートした展示風景。限定商品の中には、既に完売商品も。


10月初旬、スウェーデンの工房を訪問

 リサ・ラーソンの作品を作り続けているのは、ストックホルム郊外、グスタフスベリにある「ケラミーク ストゥディオン」社。1992年、リサがスウェーデンを代表する名窯「グスタフスベリ」社を退社後に設立した工房だ。共同経営者であり、リサをサポートし続けているフランコ・ニコロージ氏をはじめ、製作スタッフは10人。モデルの原型、型づくり、土を流し込んで成型、釉薬、絵付けまで、プロダクトを作るすべてのプロセスを手作業で行っている。


 「ほかの工房は外注に頼んだり、分業になっているところがほとんど。うちは小さな工房だけど、最初から最後まですべての作業ができるのが強み。それができるからこそ、いろいろなコラボレーションも可能なんです」とフランコ氏。

 実際にリサのプロダクトがどのように作られているのか、その工程を見せてもらった。

Related article

  • 建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • 世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
    世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
  • スパイラルマーケットでスフェラ「形と環」展
    スパイラルマーケットでスフェラ「形と環」展
  • 美しい日用品、ドイツの見本市「テンデンス」レポート続編
    美しい日用品、ドイツの見本市「テンデンス」レポート続編
  • 日本のウイスキー×日本のロボット、21日まで
    日本のウイスキー×日本のロボット、21日まで
  • ミラノサローネ2010、パトリシア・ウルキオラ新作
    ミラノサローネ2010、パトリシア・ウルキオラ新作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「ブンミおじさんの森」
  • 2
    20日まで「デザイナーズ集合住宅の過去・現在・未来 展」
  • 3
    フォトギャラリー:マリメッコのニューヨーク店
  • 4
    速報・ミラノで世界最高のデザインを見る―家具見本市やイベントが開催
  • 5
    モレスキンノートブックの世界巡回展「Detour」
  • 6
    カンヌ国際映画祭開幕。「カンヌ」とはいったい何なのか
  • 7
    変幻自在、nendoが造るアウトドアファニチャー「sudare(スダレ)」
  • 8
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 9
    オドレイ・トトゥ、シャネル「N゚5」の新作フィルム公開
  • 10
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加