谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現

2012年 10月 30日 12:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年もTokyo Midtownの芝生広場で行なわれる、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012のメインコンテンツである「DESIGN TOUCH Park」。今年は広大な芝生の上に、若手デザイナーたちが集い、ワークショップなどをおこなう広場が出現。巨大な山型ジャングルジムを中心に、会期中の週末にはクリエイターが直接教えるクリエイティブワークショップ「Park Workshop」や、デザイナー・クリエイターたちによるトーク「Park Stage」が開催される。

 大人も子供も一緒にデザインに触れ、遊ぶことができる"デザインとあそぶ"広場のメインとなるのは、若手建築家として注目を集める谷尻誠がデザインした、高さ約5メートル、幅約10メートルの巨大ジャングルジム「マウンテンジム」。昼間は登って遊ぶことのできる公園の遊具に、あるいは思い思いに腰掛けたりしながら寛ぐ場所に、ときにデザインなどのワークショップやトークイベントなどが行われる"建築"になる。夜はライトアップされ、アートオブジェとして、人々が集う広場にもなる仕掛けもある。このマウンテンジムのデザインを手がけた谷尻誠さんに、制作の背景を語ってもらった。

 東京ミッドタウンの高層ビルを背に、東京の街並みを見渡すことのできる位置にある芝生広場。ビルに向かってすり鉢状に傾斜するその広場は、青々とした芝が植えられ、昼間から近隣に勤めるビジネスマンや住人のかた、そしてミッドタウンを訪れる来場者の憩いの場所になっている。今回谷尻さんはこの場所になぜ、ジャングルジムをつくろうと思ったのだろうか?

「まず、この大きな芝生広場で大人も子どもも楽しめるものをつくりたいと思いました。ジャングルジムにしたのは、この広場にきて、遊具のようなもので遊んでいたら、いつの間にか高いところにいる、という状況を自然に近い状態でつくるためです。それと高いところに登ると普通あぶない、って言われると思うんです。でも丘とか山であれば高い場所であってもあぶないといわれることはありません。ジャングルジムなんだけど、限りなく自然の山に近いようなものをつくることで、その状況も変えたいと思いました。高いところに登ると、それまでと見える風景ががらっと変わりますよね。それをこの都心にある広場につくりたいと思ったんです」

 実際、このジャングルジムの頂に登ると、ビルと木々のあいだには東京タワーも見ることができたり、芝生の上にいるだけでは見えてこない、特別な風景を味わうことができる。ジャングルジムは普通、スチールやパイプなどでつくられるが、谷尻さんが今回つくったのは木製のジャングルジム。木がもつ自然な風合いと、やわらかな雰囲気が、誰もが集うことのできるこの広場でついつい近づいてみたくなるような、親しみやすさをつくりだしている。それはいつも笑顔でおおらかな谷尻さんにも似ているような気がする。

「木だったら誰もが抵抗感なく触ったり、遊んだりできると思うんです。それになんといっても手触りが良いですし。それと展示自体の会期が短いということもあって、会期が終わったら簡単に分解ができて、なおかつ再利用できる素材が良いと思っていました。実際、会期が終了したら、ここで使用した木材は宮城県の石巻市に持っていって、そこで家具や別のものに生まれ変わる予定です」


Related article

  • 金沢の「福光屋」が東京ミッドタウンに新店オープン
    金沢の「福光屋」が東京ミッドタウンに新店オープン
  • ソファのようなチェアのようなボーダーレス家具、Sfera新作
    ソファのようなチェアのようなボーダーレス家具、Sfera新作
  • 芝生広場に出現した小さな都市 「ミッドパーク・ダンジョン」
    芝生広場に出現した小さな都市 「ミッドパーク・ダンジョン」
  • シャネル、メティエダールコレクション、その魅力と意義
    シャネル、メティエダールコレクション、その魅力と意義
  • 東京ミッドタウンにアイススケートリンクが出現
    東京ミッドタウンにアイススケートリンクが出現
  • シャネル、バッグの新しいマスターピース
    シャネル、バッグの新しいマスターピース

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「タンゴ・リブレ 君を想う」
  • 2
    真っ二つ牛来日「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」
  • 3
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 4
    ミラノサローネ―トルトーナの日本企業、今年はどうだった?
  • 5
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 6
    ハイメ・アジョンのヴィヴィッドな家具が発売
  • 7
    日本の一番面白いアートシーンが! 六本木クロッシング
  • 8
    チャリティアルバム「SONGS FOR JAPAN」が25万ダウンロード
  • 9
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
  • 10
    Mac Proがアップデート、Nehalemプロセッサを搭載

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加