デザインタイド トーキョー現地速報レポート #3 TIDE Marketでお買い物

2012年 10月 31日 18:30 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 DESIGNTIDE 2012がおすすめする選りすぐりのクリエーターたちが出展し、デザインしたデザイナー本人から直接新製品を買うことができるマーケット形式のエキシビションとして毎回注目を集める「TIDE Market」。バラエティ豊かな個性をもったデザイナーや企業が参加し、ここで発表される最新プロダクトを囲み、来場者とクリエーターたちが対話を繰り広げる実践的なトレードの場であるTIDE Marketは、デザインを通じた思考のトレードをテーマとしたデザインタイドにおいて、ユーザーレベルでもっともそれが実現しているエリアといってもいいだろう。

 そんな活気あふれるTIDE Marketから、エキサイトイズムの視点で4つの出展者をピックアップ。今回は、プロダクトとマテリアルの産地でありながら、特色のあるものづくりをする企業とデザイナーたちとの協働に着目し、高いデザイン性と機能をもった最新注目アイテムをご紹介する。

■mass item / 益基樹脂
アクリル樹脂などプラスチック素材を使用した店舗用什器やプロダクトを製作している、埼玉の益基樹脂が主宰するプロダクトレーベルが2009年に発足した「mass item」。プロダクトデザイナーの海山俊亮がデザインディレクターをつとめ、寺山紀彦、熊野亘、吉行良平、大日本タイポ組合、元木大輔、SPREADといった若手デザイナーらとともにアクリルの可能性をさぐるプロダクトをデザインしている。

そのなかから今回注目したのは、昨年はTIDE Exhibitionでユニークなコンセプトをもった椅子を発表した、若手建築家である元木大輔がデザインしたピアス「flot / sanshoku pierce 」。アクリル製品の特徴でもあり、得意とするところの鮮やかな発色と透明性を活かし、同型の二色の色つきアクリルを重ね、それがずれることで異なる色味や模様にみえる不思議なピアスだ。異なる2枚の板が重ねることで色や模様が分解される「分解ピアス」13種類と、目の錯覚を利用した「錯覚ピアス」3種類がバリエーションとしてラインナップ。今後、ピアスだけでなく、さまざまなタイプのアクセサリーなどへの展開も期待される、デザイン性の高いチャームである。

文字をプロダクトに落とし込む活動を展開する「大日本タイポ組合」が発表した文具「jigu:字具」は、アルファベットをモチーフに、文字のかたちをした、分度器や定規、トレイやペンなどの楽しいステーショナリー・シリーズ。アクリル製品ならではの鮮やかな発色と透明感が、ストレートなデザインに映える、ポップで楽しいアイテムである。イニシャルにあわせたカラーリングもウィットに富んでいる。

個性的なデザインを、印刷、成型、切削など高い技術力をもった自社でかたちにすることができる企業メリットを活かし、クオリティの高いものづくりを実現している。企業と若手デザイナーがタッグを組んだ注目すべきデザインレーベルとして今後にも期待したい。


Related article

  • 鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
    鏡の髪型展 「清水久和インタビュー」
  • 「世界は大きな彫刻である」エスパス ルイ・ヴィトン東京でエルネスト・ネト展が開催中
    「世界は大きな彫刻である」エスパス ルイ・ヴィトン東京でエルネスト・ネト展が開催中
  • 日産スカイライン 生誕50周年記念イベントが開催
    日産スカイライン 生誕50周年記念イベントが開催
  • 4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
    4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
  • 建築、アートがつくりだす新しい環境―これからの“感じ”
    建築、アートがつくりだす新しい環境―これからの“感じ”
  • 話題の東京ミッドタウン、注目したい空間と店舗
    話題の東京ミッドタウン、注目したい空間と店舗

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    恵比寿映像祭レポート(2) 都築響一のトンデモ作品
  • 6
    メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)
  • 7
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 8
    オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
  • 9
    深澤直人のデザインワークショップ展「WITHOUT THOUGHT」
  • 10
    今週末見るべき映画「華麗なるアリバイ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加