デザインタイド トーキョー現地速報レポート #2 TIDE Focus

2012年 10月 31日 18:03 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「デザインタイド トーキョー 2012」がはじまった。「思考をトレードする場」というコンセプトを掲げ、形を生み出す思考そのものを探ることのできるトレードショー、メイン会場となる東京ミッドタウン・ホールでは、メインエキシビションとなる「TIDE Exhibition」をはじめ、招待作家による作品発表の場「TIDE Focus」、さまざまなトークイベントが開催される「TIDE Table」、デザイナー本人からプロダクトを買うことができる「TIDE Market」の4つで構成されている。今回は「TIDE Focus」から、世界平和に思いをはせることのできる、ふたりの作家をご紹介したい。


 最初に紹介するのは、世界地図のまったく新しい投影方法「AuthaGraph(オーサグラフ)」を考案した鳴川肇氏だ。「TIDE Focus」の展示ではオーサグラフの成り立ちから、これまでに発表されてきたオーサグラフを活用したさまざまな鳴川氏の作品を一覧することができる。

オーサグラフを考案した鳴川肇氏。手にしているのは「オーサグラフグローブ」(紙のパーツを組み立ててつくる地球儀/geografia)。

-“AuthaGraph(オーサグラフ)”を考案したきっかけについて教えてください。

 もともとは「地図をやりたい」ということではなく、「全方向、全視野の写真を四角い平面に少ない歪みで表現したい」という思いで修士論文を書いたことがきっかけになりました。パノラマという方法はありますが、あれは真上と真下が歪んでしまって全方位とは言えないと思っていたので…。その論文の発表直後に「もっと良い方法があった」と思いついたのが、この“AuthaGraph(オーサグラフ)”のアイディアです。それで、地図用語である“authalic”(=面積が等しい)という言葉と、“photograph”(=写真)を合わせて“AuthaGraph(オーサグラフ)”という名前をつけました。

-既存の地図との違いを教えてください。

 みなさんご存知の、よく教科書などで目にしてきたメルカトル図法で表記された世界地図では、実は南極大陸の形がちゃんと描かれていません。また、グリーンランドがオーストラリアより小さいことがきちんと表現されていないんです。そういった歪みを解消し、南極大陸の形も忠実に描きながら、きちんと長方形の平面におさめているのがオーサグラフの世界地図です。なぜ長方形にこだわるかというと、ノートや本など、情報というものが基本的に長方形という形におさめられているから。球体である地球儀は面積も形も距離もパーフェクトですが、唯一できないことが「世界を一望すること」なんです。ですから、できるだけ歪みのない平面一枚の世界地図を描くことにこだわっています。

 世界地図というのは、基本的に自国を中心としたものを各国で使っているので、その国・地域ごとに違うものなんですよね。たとえばヨーロッパで使っている地図ではヨーロッパが中心で、日本は端に描かれているので「FAR EAST(極東)」という言葉が生まれる。でも、逆に私たち日本からヨーロッパを見ると「FAR WEST」ですよね(笑)。そう考えると、関係性は相対的なものです。けれども、オーサグラフの地図でひとつ中心を決めてしまえば、そういうことは関係なく、俯瞰で世界を見ることができます。昔は「世界の中心はヨーロッパ」と言われていましたけれど、今では「G20」と言われるように、世界の中心は各地に広がっていますよね。一箇所から見た世界観ではなく、もれなく平等に一望できる複数の視点を提供できる地図を、ぜひみなさんに活用してもらえればと思っています。

地殻の動きをレイヤーで表現した世界地図

紀元前より世界史を50年ごとに切り分け、各時期の50年間の主だった史実を世界地図に反映したもの。歴史を俯瞰でとらえる試み

 オーサグラフの世界地図をずらりと並べて見てみると、さまざまな地域の視点に立った、それぞれの“世界地図”を想像することができる。世界はこんなにも近しく、多様性に満ちているのだということがじんわりと伝わってくる。

Related article

  • やさしい風を持ち運ぶ バルミューダから「GreenFan mIni」が登場
    やさしい風を持ち運ぶ バルミューダから「GreenFan mIni」が登場
  • 最先端の写真表現が一堂に会する「TOKYO PHOTO 2012」今週末開催
    最先端の写真表現が一堂に会する「TOKYO PHOTO 2012」今週末開催
  • ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
  • キヤノン、「ミラノサローネ」出展の映像作品エキシビション
    キヤノン、「ミラノサローネ」出展の映像作品エキシビション
  • デザインタイド トーキョー現地速報レポート #1  Coca-Cola “Bottleware”
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #1 Coca-Cola “Bottleware”
  • 親方とジャムセッション? ― ピーター・マリゴールド
    親方とジャムセッション? ― ピーター・マリゴールド

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「メイド・イン・カッシーナ」展、6月7日まで開催中
  • 2
    春の訪れを告げる、ロクシタン「ワイルドチェリーツリー」
  • 3
    ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
  • 4
    今週末開催|みんなで描くまちの未来「Future Catalysts PLATZ vol.1」
  • 5
    ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開
  • 6
    フォトギャラリー:BMW 最新コンセプト
  • 7
    ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
  • 8
    ルイーズ・キャンベルとロイヤル コペンのコラボ食器
  • 9
    クラフトビールの新しい楽しみ方、スプリングバレーブルワリー
  • 10
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加