チャールズ&レイ・イームズ夫妻の哲学をひもとく「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)」展開催

2012年 12月 4日 12:40 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャールズ&レイ・イームズ夫妻のデザイン哲学をひもとく展「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)」が、東京・新宿のリビングデザインセンターOZONEにて12月7日(金)から開催される。

 同展は、ミッドセンチュリー時代に新しいデザインの潮流をつくったチャールズ&レイ・イームズの足跡を、孫であるイームズ・デミトリオス氏が丹念に綴った書籍『An Eames Primer』(邦題:『イームズ入門―チャールズ&レイ・イームズのデザイン原風景』日本文教出版)のコンテンツをもとに展開するもので、展覧会監修も同氏が手がけている。イームズ・デミトリオス氏は現在のイームズオフィスの代表であり、自身も映像作品を手がけるクリエイターだ。イームズ夫妻が関わった作品やその仕事についての解説はもちろん、「なぜ、これを行うのか」といったデザイン哲学も、本人や仕事仲間の証言を織り交ぜながら丹念に紹介していく。

 『20世紀の座り方』を変えたチャールズ&レイ・イームズ。だが、彼らは座り方を変えただけではない。座った後に目にするもの、室内の様子や、室内の画面に映し出される映像を変えた。彼らは変化を生み出し、変化を予見し、ひとつの方向を示した。芸術と技術が手を結び、伝統が変化の足がかりとなり、専門的な知識が楽しく学べる、そのような道を示した。(『An Eames Primer』本文より)

Related article

  • 「中川政七商店」老舗の快進撃から目が離せない
    「中川政七商店」老舗の快進撃から目が離せない
  • フリッツ・ハンセン初、日本人デザイナーの椅子「RIN」
    フリッツ・ハンセン初、日本人デザイナーの椅子「RIN」
  • 吉岡徳仁「2009ミラノサローネ」プレビュー(2)
    吉岡徳仁「2009ミラノサローネ」プレビュー(2)
  • 「デザインタイドトーキョー2009」見どころ、教えます
    「デザインタイドトーキョー2009」見どころ、教えます
  • 坂倉準三展、モダニズム建築の魅力に迫る
    坂倉準三展、モダニズム建築の魅力に迫る
  • 30日まで、フランソワーズ・ジローの日本初回顧展
    30日まで、フランソワーズ・ジローの日本初回顧展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加