太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。

2013年 2月 7日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 広場から直接入ることのできる祈願のための待合室と、社務所内の事務室には、太宰府の町の方角にあるテラスに面した縦格子がはめ込まれた外壁越しに、柔らかな光が差し込む。参道の階段に面した社務所の地下一階部分は宝物の収蔵庫となる。元来、神社は聖なる空間、神様を身近に感じることのできる場所であると同時に、伝統や、時代の粋を集めた技術の最先端が集まる場所という側面も持っていた。竈門神社における本プロジェクトも、伝統に新しいものを加えた、現代的なデザインとエンジニアリングがマッチしたプロジェクトであるといえるだろう。

 今回、お守り授与所のインテリアデザインを手がけたWonderwall片山正通氏と、見晴らしのよい斜面に面した展望台に設置した、ベンチとチェアのデザインを手がけた、世界的なプロダクトデザイナーであるジャスパー・モリソン氏にお話をうかがうことができた。片山氏は1350年の伝統を誇るこの神社の歴史を更新する新しい時代にふさわしい空間を、モリソン氏は、女性を中心に良縁を願う多くの人びとが集まる、この場所にふさわしい、訪れる人が自由に座ることのできるチェアと、二人がけのラブベンチをデザインした。

-今回のお二人が関わった竈門神社のプロジェクトについて教えてください。

片山正通氏:まずここは、宝満山というパワースポットでもある山の麓にあり、年間を通じ多くの登山者が訪れる場所だと教えてもらいました。また女性客が多く訪れる縁結びの神様としても有名だと知り、ここを訪れたときに、まずひとこと「かわいい」と言ってもらえるような場所をつくりたかった、ということがあります。

 竈門神社という神聖な場所でありながら、華やかさとかわいらしさをもった、一目見て入りたい、と思っていただけるような品格のある場所をつくりたいと思いました。ただ見た目がキャッチーということではなく本質的な素材を使いたいと思っていました。ここで使用したピンクという色にしても、着色したものではなく、もともとこの色をもった大理石素材を使っています。そして、デザインの要素として、竈門神社の桜紋を取り入れました。床も、外装部と同じ御影石を使用しています。

 そして何よりも、僕はデザイナーですので、僕がこの場所でお仕事をさせていただく意味と必然性、そして僕に声をかけていただいた、竈門神社の皆様の思いというものとの「接点」を考えることが今回のプロジェクトのスタートになりました。

©Nacasa & Partners Inc.

-実際にこの場所を訪れると、自然にこの場所にひきつけられるというのは、とてもよく分かります。インテリアの特徴として、ひとつは、壁面に用いられたカットされた石の貼り方に特徴があると思うのですが、これどのように意図されたものなのでしょうか?

片山:まず最初に、インテリアを石でつくりたい、というお話を宮司さんと権宮司さんににしたときに、「木ではないんですか」、と驚かれました。この場所にはピンクという色をシンボルにしたいという思いがありました。それで女性らしい優しさをイメージするピンクの色をした天然石を選択しました。竈門神社は昔から縁結びの神様として有名とのことで、女性の参拝者の方がとても多く訪れる神社です。ですので、天然のさまざまな色みをもったピンク色の石を短冊状にカットして壁にはめ込んでいるのは、ここを訪れる参拝者の方々の、一人一人異なる思いを、石の密度に思いを託する意味合いもあって、このような仕上げにしています。

 ですので、人の思いがそれぞれ異なるように、ひとつひとつの石の大きさはあえてランダムにして実際に施工をする前に、等倍の模型をつくり、ピンクの色の配列なども検証し、ものすごくそこにはこだわりをもって吟味しています。結果、こういう積み重ねが、一つの全体像として出てくれば良いと思ってつくりました。壁と天井にあしらったシンボルマークの桜ですが、これはもともと竈門神社の紋になっているもので、僕にとってはとてもモダンな印象がありました。授与所の象徴としてぜひ用いたいと思い提案させていただきました。壁面はツヤ消しの壁に、つやがある桜のシンボルが浮かびあがるようにデザインしていて、それに四季の季節の移り変わりをもった周辺の風景が映し出されるようにと考えています。

Related article

  • 東京ソラマチに「ビーアグッドネイバー コーヒーキオスク」がオープン
    東京ソラマチに「ビーアグッドネイバー コーヒーキオスク」がオープン
  • 世界を魅了する村上隆ワールドに触れる―ソウルで個展が開催中
    世界を魅了する村上隆ワールドに触れる―ソウルで個展が開催中
  • シャネル、メティエダールコレクション、その魅力と意義
    シャネル、メティエダールコレクション、その魅力と意義
  • 混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
    混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
  • イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」
    イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」
  • ニーシングの日本上陸30周年を記念する、限定リング登場
    ニーシングの日本上陸30周年を記念する、限定リング登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クラスカに伊賀の「ギャラリーやまほん」が初出張中
  • 2
    ルパンも愛した「フィアット500」のニューモデル
  • 3
    ピエール・エルメ・パリ待望のフレーバー「アンヴィ」と新作
  • 4
    メルセデス・ベンツ、Gクラス特別仕様車
  • 5
    今週末見るべき映画「クリーン」
  • 6
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • 7
    リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー
  • 8
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 9
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 10
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加