太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。

2013年 2月 7日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

-それは数々のショップのインテリアを手がけられてきた片山さんらしい気づきですね。デザインにはそのようなホスピタリティのようなものは重要だと思います。

片山:そうですね。それはとても重要だと思います。これは宮司さんやここで働く皆さんにも好評でした。それと、巫女さんが綺麗にみえる環境も意識しています。

©Nacasa & Partners Inc.

-そこはさすがこれまでも、そこにいる人が魅力的にみえる空間を手がけてきた、片山さんならではの発想という感じですね(笑)

片山:やっぱり、そこで働く方がモチベーション高く、プライドをもって働けるような環境をつくる、というのは、インテリアデザイナーとして、とても重要だと思うんです。しいてはそれがこの場所では、この神社を訪れる参拝者の皆さんにもなんらかの形で伝わっていくと思うんです。

-さきほど社務所の建築についてのお話がありましたが、種村さんが設計された社務所との関係というのはどのように意識されていましたか?

©Nacasa & Partners Inc.

片山:その点は設計の種村さんにも、ものすごく理解をしていただき、とてもスムーズにプロジェクトは進みました。ジャスパー・モリソンさんの椅子を置くデッキも一緒に考えさせていただきました。私自身、神社のお仕事をすることも、種村さんのような神社建築のプロフェッショナルな方とお仕事をさせていただくことも初めてでしたので、最初はすこし不安もあったのですが、とても良いものができたと思っています。

-種村さんが手がけられた社務所の広間のインテリアにしても、欄間にガラスを嵌め込んだり、神社建築においてガラスを多用している点など、未来の神社建築のスタンダードになりうるようなことをたくさん試みられているのかな、と思いました。

片山:現代においては自由に加工ができるガラスという素材にしても、大昔の人もその素材があったら、使っていたかもしれませんよね。今つくるのであれば、今の時代に何をすることがふさわしいのか、ということをつねに考えなければならないと思うんですよね。

©Nacasa & Partners Inc.

Related article

  • 持続可能なものづくりの哲学。DANESE+ROBOTS展
    持続可能なものづくりの哲学。DANESE+ROBOTS展
  • iPad版もリリース、岡田敦x守時タツミ ataraxia [photo theater]
    iPad版もリリース、岡田敦x守時タツミ ataraxia [photo theater]
  • ティルダ スウィントンが魅せる、メティエダールコレクションの世界
    ティルダ スウィントンが魅せる、メティエダールコレクションの世界
  • Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
    Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
  • 2014年東京、秋のデザインイベントレポート
    2014年東京、秋のデザインイベントレポート
  • 伝説を切り撮る。写真展「内田裕也」 若木信吾インタビュー
    伝説を切り撮る。写真展「内田裕也」 若木信吾インタビュー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    Go East! #01:上野のミュージアムショップにエクステンション?
  • 4
    CLASKA Gallery & Shop
  • 5
    2×4日本初の展覧会「IT IS WHAT IT IS」
  • 6
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 7
    カッシーナ初のアウトドアコレクション
  • 8
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 9
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 10
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加