太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。

2013年 2月 7日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

-今回モリソンさんが手がけられたベンチとチェアの、デザインのディテールの特徴を教えてください。

J・モリソン:最初はありがちな「ラブシート」みたいなものを考えていましたが、デザインを進めていくうちに、これまで自分が思うラブシートという考えをすべて捨てなければならないと思いました。というのも、ふつうラブシートというと、S字のようなかたちをしていて、座るとお互いが向い合うようになるものだと思うのですが、そんなラブベンチに座ることは、二人にとって「完璧な関係性のかたち」をあらわすようで、私自身は心地よくないと思っていたんですね。

 最初、大理石を素材に背もたれが曲線を描くデザインを考えていました。具体的には曲線を描く大理石の壁のようなものに、同じく大理石でつくった板のような座面を差し込むというものでした。それをベースにたくさんのスケッチを描いたのですが、どうもしっくりきませんでした。それと素材が大理石だとどうしてもコストもかかりすぎます。そこで、板のようなかたち、という部分は頭の中に残しながら、デザインを進めていったときに、先ほどの言いました回転する、というアイデアを思いつきました。

 回転をするということを思いついたことで、ひとつ問題が解決されたことがあって、それはこの見晴らしの良い場所で写真を撮影するときにアングルをどこにするか、という迷いを解消できることです。ご覧のように、チェアが置かれるこの場所というのは、四方のどこを写真を撮るときの背景にしても素晴らしい眺めをもっていると思うんですね。ですが、椅子の背もたれを固定してしまうと、せっかく素晴らしい景色であるのに、記念写真の構図が固定されてしまいます。そこで座面と背もたれが回転することで、その問題を解決してくれると思いました。

©Nacasa & Partners Inc.

 それと、ラブベンチというものは先ほども言いました通り、その名前とはうらはらに、噓っぽい関係性を象徴しているような気がしたんですね。それを、愛する人と隣り合わせで座っていたとしても、座面の向きを自由に変えられることで、愛し合う二人の関係性、そして人と人との関係性をよりリアリティをもったものとして表現できると思ったんです。誰しも子供のころに回転する椅子に座って遊んだ記憶があると思うのですが、回転するという楽しさもデザインに加えたいと考えていました。そうすることで、この場所を訪れて、この椅子に腰掛ける人たちの個人的な楽しくて懐かしい記憶も、この椅子にとりこめるのではないかと思ったのです。

 それとこれは意外性の話なのですが、外に置かれている硬い石の椅子だと、誰もが回転しないと考えると思うんですよね。それが自由に回転すると知って、驚いてもらえることも楽しいと思いました。そんなところにも竈門神社を訪れ、この展望テラスで椅子に座ることで、少しの歓びがうまれるのではないかと考えました。ベンチのほかに、一人でここを訪れた方が座ることができるように、3つの椅子もデザインしています。

Related article

  • あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/5)黒田卓也
    あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/5)黒田卓也
  • 最新のデザイン「Fx0」|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(1)
    最新のデザイン「Fx0」|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(1)
  • 関係性をつくりだす場所と時 「デザインイースト 04 場への愛」
    関係性をつくりだす場所と時 「デザインイースト 04 場への愛」
  • 自然とともにあるフィンランドテキスタイルの魅力に触れる フィンランドテキスタイルアート。季節が織りなす光と影
    自然とともにあるフィンランドテキスタイルの魅力に触れる フィンランドテキスタイルアート。季節が織りなす光と影
  • コンテナ建築を被災地に届けるプロジェクトが始動
    コンテナ建築を被災地に届けるプロジェクトが始動
  • 秋のデザインイベントで活躍! 日本の若手建築家
    秋のデザインイベントで活躍! 日本の若手建築家

Prev & Next

Ranking

  • 1
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 2
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 3
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • 4
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
  • 5
    今週末見るべき映画「幸せのありか」
  • 6
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 7
    デザインから見る、新型MacBookの凄さ(2)
  • 8
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 9
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展
  • 10
    「西野達 別名 大津達 別名 西野達郎 別名 西野竜郎」出版記念展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加