太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。

2013年 2月 7日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

-チェアとベンチの石臼のようなかたちや構造もユニークですが、それがまた、思いのほかスムーズに回転することにも驚きました。構造的にはどのような工夫がなされているのですか?

J・モリソン:構造は世界的な構造エンジニアリング、技術コンサルタントを行っているアラップ社の金田充弘さんに担当していただきました。石という素材における強度、そして動くというふたつの点において、この椅子にとって構造をどうするかは、とても大切なことでした。

-世界的なデザイナーであるモリソンさんが1350年もの歴史をもつ神社に置かれる椅子をデザインする、ということ自体がデザインファンにとっては大事件なのですが、ミニマリストを代表するようなストイックなザインをされるモリソンさんが、ラブシートをテーマに椅子をデザインすることはさらに大事件だと思います。この椅子を紹介するときに、ジャスパー・モリソンがデザインした「ラブシート」と読者の方に案内しても良いでしょうか?(笑)

J・モリソン:もちろんです。日本の方もそうですが、海外の方にこのプロジェクトを、ジャスパー・モリソンがデザインしたラブシート、と紹介するときの反応が私も楽しみです(笑)。

-片山さんとのコラボレーションだからこそ、モリソンさんのやわらかいデザインが実現できたわけですね。

J・モリソン:今回の竈門神社さんとのプロジェクトへの参加は、私にとっても新しい挑戦だと思っています。このプロジェクトへの参加をお声がけいただい宮司さんと、片山さんにはとても感謝しています。

片山:僕にとっても、日本の伝統的な神社で敬愛するデザイナーであるジャスパー・モリソンさんとお仕事をご一緒できたということがとても嬉しいです。この新しい授与所自体が100年先を考えて計画されていますので、これから未来にわたって、少なくても僕らが生きているあいだはずーっとここにあるものです。今回のプロジェクトを通じて、竈門神社が今より多くの方に知ってもらえるきっかけになれば幸いです。

©Nacasa & Partners Inc.

太宰府天満宮:竈門神社
住所 :福岡県太宰府市内山883
Tel :092-922-4106

取材/加藤孝司

Related article

  • 見慣れた日常に異化をもたらす|「still moving」展
    見慣れた日常に異化をもたらす|「still moving」展
  • 木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • アートでグローバルな問題を提起 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」 アーティスト・インタビュー
    アートでグローバルな問題を提起 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」 アーティスト・インタビュー
  • インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 世界的巨匠建築家が見つめた建築|「TANGE BY TANGE 1949-1959  丹下健三が見た丹下健三」
    世界的巨匠建築家が見つめた建築|「TANGE BY TANGE 1949-1959 丹下健三が見た丹下健三」
  • デザインタイドトーキョー 2010でお買い物。
    デザインタイドトーキョー 2010でお買い物。

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:BMW 最新コンセプト
  • 2
    ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
  • 3
    ルイーズ・キャンベルとロイヤル コペンのコラボ食器
  • 4
    クラフトビールの新しい楽しみ方、スプリングバレーブルワリー
  • 5
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 6
    必要な分だけ沸かせる湯沸かし器「Miito」
  • 7
    フォトギャラリー:マリメッコのニューヨーク店
  • 8
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 9
    今週末見るべき映画「イヴ・サンローラン」
  • 10
    フォトギャラリー:「レクサス RX ミュージアム」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加