追悼、渡辺力。ジャパニーズモダンの父が手掛けたウォッチデザイン。

2013年 2月 25日 18:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本の“モダンデザイン”の礎を築いてきた巨匠デザイナー、渡辺力氏が、2013年1月8日、101歳で逝去した。渡辺氏が晩年に手がけたウォッチコレクション「RIKI WATANABE COLLECTION」を振り返りながら、そのデザイン美学を探ってみたい。

 101歳。つい最近まで活躍されていた渡辺力氏が、日本の私たちに遺してくれたものは大きい。まだデザインという言葉が根付いていなかった戦後の日本に、モダニズムというデザインの概念をもたらしてくれた。日本の生活様式を見つめ直し、新たな改革をもたらした作品は、半世紀以上の時を経た今も新鮮だ。1950年代に作られたローコストの椅子「ヒモイス」、籐素材を使った「トリイスツール」などの代表作がある。

 もし街で生きた渡辺力氏のデザインに触れたいと思うなら、日比谷第一生命のポール時計を観に行くといい。1972年にデザインされたこの作品は、街の風景に馴染んで美しさが際立つモニュメント・クロックになっている。渡辺力氏も「もっとも満足感のあった仕事」とコメントしているほど。

Related article

  • ブレゲ、その歴史/ブレゲ~Breguetに魅せられて(2)
    ブレゲ、その歴史/ブレゲ~Breguetに魅せられて(2)
  • ミッシェル・オバマ大統領夫人のフェミニンな“パワードレス”
    ミッシェル・オバマ大統領夫人のフェミニンな“パワードレス”
  • 元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催
    元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催
  • オロビアンコから、クラシカルな機械式時計
    オロビアンコから、クラシカルな機械式時計
  • 自然・先端科学・デザイン。未来を肯定する意思/ロボットデザイナー 松井龍哉。 あざやかな未来(2)
    自然・先端科学・デザイン。未来を肯定する意思/ロボットデザイナー 松井龍哉。 あざやかな未来(2)
  • 感性を刺激するクルマ、イプシロン パープル×浅野忠信
    感性を刺激するクルマ、イプシロン パープル×浅野忠信

Prev & Next

Ranking

  • 1
    東京ミッドタウンに「ガリバーテーブル」出現
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    ホンダ「インサイト」には先進のティーチング機能も
  • 4
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 5
    深澤直人によるジュエリー「Koo-fu」プロジェクト
  • 6
    今週末見るべき映画「ヒトラーの贋札」
  • 7
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 8
    イセタンメンズに男の一生モノが集結、3日から
  • 9
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 10
    iida 2010夏モデル発表、Art Editionsのコンセプトも

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加