『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

ユルゲン・ベイが提案する、新しいオフィスのあり方

2013年 2月 27日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダッチ・デザインの重鎮・ユルゲン・ベイ氏による展覧会「Fantasy Room for working by Studio Makkink & Bey」が、渋谷ヒカリエのCreative Lounge MOV aiiimaにて現在開催中だ。ドローグデザインの立役者である彼が、2006年から提唱する新しいオフィスのあり方ーー「Prooff=Progressive Office」を体感できる展示となっている。

 ユルゲン・ベイ氏が提唱する「Prooff」とは、「プライベート空間を充実させる」という方向からは180度異なる考え方で、「パブリック空間を不特定多数の共有スペースとして、もっと活用するべき」という思いに基づく。都市空間の柔軟な使い方から、ひいては新しい働き方、生き方まで提案する考え方になっているのが興味深い。その「Prooff」を具現化した家具のひとつが、この「Ear Chair」だ。2009年に発表されたこのチェア、ちょうど座った時に顔の周辺を囲むようにヘッドレストが広がっているため、適度に周囲の雑音をシャットアウトし、個の空間を創りだしてくれる。アームレストはノートパソコンを置いて作業をするのに最適な大きさ。座るだけで集中力を高めてくれるような雰囲気さえ感じる「Ear Chair」、すでにオランダの大手保険会社のラウンジ等への導入実績もあるとのこと。

「Ear Chair」

Related article

  • 森本千絵のルーツを巡る。『en°木の実』展レポート
    森本千絵のルーツを巡る。『en°木の実』展レポート
  • 磁器のフィギュア!? リヤドロ「The Guest(大)」シリーズ、先行販売開始
    磁器のフィギュア!? リヤドロ「The Guest(大)」シリーズ、先行販売開始
  • 鈴木理策が語るセザンヌの魅力
    鈴木理策が語るセザンヌの魅力
  • フォトギャラリー:TDW2012 「伊藤若冲 感性インスパイア作品展」
    フォトギャラリー:TDW2012 「伊藤若冲 感性インスパイア作品展」
  • DESIGNTIDE TOKYO、タイドマーケットレポート(2)
    DESIGNTIDE TOKYO、タイドマーケットレポート(2)
  • タッチセンサー内臓のロジクール「Touch Mouse M600」
    タッチセンサー内臓のロジクール「Touch Mouse M600」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    現代美術界の奇才、初の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催
  • 2
    今週末見るべき映画「火の山のマリア」
  • 3
    福井発 「おいしいキッチンプロジェクト」
  • 4
    ジャズ名盤講座第8回「ヴァーヴ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 5
    マネのミューズで在り続けた、女流画家ベルト・モリゾ
  • 6
    丸の内の歴史と魅力に迫る「一丁倫敦と丸の内スタイル展」
  • 7
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 8
    【本日、ライブ中継】ルイ・ヴィトン 2013-14秋冬 メンズ・コレクション
  • 9
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加