ユルゲン・ベイが提案する、新しいオフィスのあり方

2013年 2月 27日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダッチ・デザインの重鎮・ユルゲン・ベイ氏による展覧会「Fantasy Room for working by Studio Makkink & Bey」が、渋谷ヒカリエのCreative Lounge MOV aiiimaにて現在開催中だ。ドローグデザインの立役者である彼が、2006年から提唱する新しいオフィスのあり方ーー「Prooff=Progressive Office」を体感できる展示となっている。

 ユルゲン・ベイ氏が提唱する「Prooff」とは、「プライベート空間を充実させる」という方向からは180度異なる考え方で、「パブリック空間を不特定多数の共有スペースとして、もっと活用するべき」という思いに基づく。都市空間の柔軟な使い方から、ひいては新しい働き方、生き方まで提案する考え方になっているのが興味深い。その「Prooff」を具現化した家具のひとつが、この「Ear Chair」だ。2009年に発表されたこのチェア、ちょうど座った時に顔の周辺を囲むようにヘッドレストが広がっているため、適度に周囲の雑音をシャットアウトし、個の空間を創りだしてくれる。アームレストはノートパソコンを置いて作業をするのに最適な大きさ。座るだけで集中力を高めてくれるような雰囲気さえ感じる「Ear Chair」、すでにオランダの大手保険会社のラウンジ等への導入実績もあるとのこと。

「Ear Chair」

Related article

  • 都会でラウンジキャンプ PUMA×ワンダース新作
    都会でラウンジキャンプ PUMA×ワンダース新作
  • 代官山にLOVE HOTELが出現?:速報!秋の東京デザイン祭り
    代官山にLOVE HOTELが出現?:速報!秋の東京デザイン祭り
  • 30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • DESIGNTIDE TOKYO×日本橋三越本店・銀座三越レポート
    DESIGNTIDE TOKYO×日本橋三越本店・銀座三越レポート
  • 「都市へ仕掛ける建築 ディーナー&ディーナーの試み」展
    「都市へ仕掛ける建築 ディーナー&ディーナーの試み」展
  • 伊勢丹新宿店でISETAN JAPAN SENSES
    伊勢丹新宿店でISETAN JAPAN SENSES

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ニッポンデザインを牽引「渡辺力さんの仕事」
  • 3
    今週末見るべき映画「her/世界でひとつの彼女」
  • 4
    ファッションで見る、実写版映画『ルパン三世』衣装展
  • 5
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 6
    今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
  • 7
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    ポルシェ911ファン必見。「ポルシェカフェ 青山」がオープン
  • 9
    ランボルギーニ、「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」を日本初披露
  • 10
    今週末見るべき映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加