アスティエ・ド・ヴィラットとパッチNYCの新作食器

2013年 3月 1日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先代から受け継いだクラシックなフォルムを持ちながら、ファッションやオブジェの感覚に近いセンスが、日本でも憧れの的となっている。

 新作はボストンを拠点とするアーティスト、パッチNYCとの出会いから生まれた。お互いの作品をよく理解し合った上で、彼らの美しいグラフィックがアスティエの陶器と見事に融合した。パッチNYCは2人組の男性ユニットで、ハンドメイドの帽子の制作から活動をスタート。現在は墨絵のような美しいドローインググラフィックや、暮らしのためのアイテム、ファッション・アクセサリーなどを手がける。

 ブノワ・アスティエ・ド・ヴィラット氏は同社の2代目であり、パートナーのイヴァン・ペリコーリとともにアートディレクションを手がける。新作の発表を機に来日し、制作までの道のりをこう語る。

「パッチNYCと出会ったときから、とても面白いアーティストだと思っていました。ヴィンテージ感のあるフレームに、インクドローイングのシンプルなグラフィック。そんな作品に引かれました」

「1点主義の作品ではなく、きちんと多くの人の手に渡る量を生み出しながら、それはまぎれなくアートでした。私はすぐにパリの自分の店で彼らの作品を扱い始めました。その縁で長く打ち合わせを続けながら、お互いに納得のいく新作が発表できたのです」


Related article

  • キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04
    キッチンに男が立つと。料理で変わる空間|Guys in the Kitchen#04
  • 毎日暮らして飽きない、主食のような家具「Rice」が登場
    毎日暮らして飽きない、主食のような家具「Rice」が登場
  • イデー新作、倉俣史朗の名作や進化したソファ
    イデー新作、倉俣史朗の名作や進化したソファ
  • スペインデザイン展、今年話題だった「レオ」の脳内世界へGO!
    スペインデザイン展、今年話題だった「レオ」の脳内世界へGO!
  • ルイス・ポールセンから久々の新作「フリント」
    ルイス・ポールセンから久々の新作「フリント」
  • ミラノサローネ2010「ロッサーナ・オルランディ」
    ミラノサローネ2010「ロッサーナ・オルランディ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 2
    「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」幻のデザイン
  • 3
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
  • 4
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 5
    ビジネスマンの節電対策! 夏を快適にすごす傑作50選
  • 6
    アラーキーこと荒木経惟の、世界最大のポラロイドカメラを使用した写真展が開催
  • 7
    話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験
  • 8
    腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
  • 9
    ボッティチェリらの名作が集結、ウフィツィ美術館展
  • 10
    トーネットの名作、ブラック&ホワイトの記念モデル

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加