フラワーアーティスト 東信がレゴで手がけた驚くほどリアルな「BONSAI」

2013年 3月 7日 12:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 オートクチュールのフラワーアートを手がけるフラワーアーティスト東信がレゴで手がけた盆栽が、驚くほどリアルだと世界的に話題だ。日本でもカジュアルに盆栽を楽しむ人は増えてきているが、自然派志向の意識が世界的に高まるなか、日本の文化でもある盆栽は、「BONSAI」の名前で世界中にコレクターや愛好家を増殖させており人気が高まっている。

 今回東氏がレゴブロックで作ったのは、盆栽のなかでもまさに王道といえる「五葉松」。時間をかけて針金などを使い、幹のふるまいをコントロールし、盆栽の作り手の頭の中にあるイメージと、自然の存在である植物との対話により、自然の摂理をいざなうように形がつくられていく鉢のなかの小さな宇宙。それはまさに自然がもつ美と、人間の美しいものへの思考がつくり出す、究極の形をした「美」ともいえるものである。レゴで松の盆栽をつくるにあたり、東氏は公式サイトに以下のコメント寄せている。

私たちの身の回りには常に植物や花があり、私たち人間も自然に生かされている生き物です。植物という有機的な形を持つものを、角張ったレゴブロックで表現すること。一見すると相反することのように感じられると思いますが、これは植物の表現の可能性を切り開く新たな視点であると思います。私たちの願いは、子どもを含めた多くの人々に、レゴを使ってより植物を身近に感じてもらいたいというところにあります。

 東氏の「BONSAI」は、レゴ社が行なうサポーター制度を導入した新製品開発プロジェクト、「LEGO(R)CUUSOO」として行なわれている。本プロジェクトには世界中の13歳以上であれば誰でもが投票が可能で、特設サイトではコメントをシェアすることができる。さらに18歳以上であれば誰もが「LEGO(R)CUUSOO」ウェブサイトへのアイデアの投稿権も獲得する。お気に入りのアイデアへの投票には、「LEGO(R)CUUSOO」の特設のサイトにアクセスし、お気に入りのアイテムをみつけたら、アイデアステージの「目指せLEGO公式商品化!」の「サポートする」ボタンをクリックし、一票を投じるシステムになっている。

Related article

  • 「MUJI」ミーツ、愛のバッドデザイン
    「MUJI」ミーツ、愛のバッドデザイン
  • 混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
    混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
  • Interview:建築家・板坂諭|鮮やかな感性から生み出されるデザイン
    Interview:建築家・板坂諭|鮮やかな感性から生み出されるデザイン
  • スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • あたらしい「ライカM」について。ライカカメラAG社ステファン・ダニエル氏インタビュー
    あたらしい「ライカM」について。ライカカメラAG社ステファン・ダニエル氏インタビュー
  • 東京ソラマチに「ビーアグッドネイバー コーヒーキオスク」がオープン
    東京ソラマチに「ビーアグッドネイバー コーヒーキオスク」がオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:女優キタキマユ|無限大に進化する美しき女優魂
  • 2
    今週末見るべき映画「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」
  • 3
    ランボルギーニの期間限定クリスマスカフェで新型「ガヤルドLP560-4」を披露
  • 4
    柴田文江デザインの美しきリモコン、地デジ版SPIDER PRO
  • 5
    歓びのトスカーナ 【今週末見るべき映画】
  • 6
    「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭
  • 7
    今週末見るべき映画「アーティスト」
  • 8
    「TIME & STYLE」の2012新作ダイニングテーブル
  • 9
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 10
    本のための小さな家具とプロダクト

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加