『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

時を経た植物の美しさ。叢(くさむら)小田康平氏インタビュー

2013年 5月 14日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

-サボテンや多肉植物は、愛好家だけのものではなく、日常のなかの「風景」として楽しんでもらえるようなものであり、現代アートと向こうを張れるくらいの力強さをもったものであると、小田さんは思って紹介されているのですね。

そうです。愛好家さんとか、サボテンの農家さんというのは、サボテンを「つくって」いて、そこにはその究極のかたちというものがすでにあるわけです。それは完成度が高く、とても綺麗なものです。

ですが、僕が好きで選ぶものの中には、肌にすこし傷がついていたり、ねじれていたりするものもあります。ですが、自然界に置いてみたときに、どちらが自然の逞しさをもっているように見えるかといえば、間違いなく、ねじれたり傷があったりする方なんです。園芸の基準では、それでは価値がないということになるのですが、僕の価値観では、古木のようになっていたり、少しくらい曲がっていたりするもののほうが、「良し」と思えるんです。逆にいえば、農家さんにとってはいらないものが、僕の欲しいものということもあるわけです。

-ユニークな視点ですね。小田さんのように考えている人は今までいなかったのでしょうか?

そのような価値観の人というのは、ほかの分野の世界ではたくさんいらっしゃると思うのですが、植物業界では初めてなのかなと思います。僕がこういったことを中心にやりはじめて一年くらい経つのですが、知っている範囲では、まだいませんね。

たとえでよく言うのが、新品のプラスチックのお皿と骨董のお皿のふたつが目の前にあったら、という話です。そのどちらが美しいの?となったときに、一般的にはプラスチックのほうが清潔で良さそうにみえるかもしれませんが、風合いや趣きは骨董品のほうが断然あると思うんです。植物もそうで、いままで世の中には、大量に整った形で作られた、ぴかぴかの、いわばプラスチックのお皿のようなものばかりが流通していたと思うんです。叢で扱っているようなものは、これまで、古いからとか、枯れているように見えるからということで、売り物としては、はねられていたようなものでした。でも、僕はそこに美しさを感じます。

もし、生き物にたとえるなら、動物園のチーターと野生のチーターかな。かたや餌が豊富でふっくらしている、かたや餌が少ないからガリガリで痩せていて毛並みが悪い。それでどちらが美しいかと聞かれたら、僕には野生のチーターなんですね。そこには鋭さがある。骨董品が持つ趣きや風合い、野生のチーターの生命力や力強さ、それを僕なりの解釈で植物におきかえると、傷がついていたり、ねじれていたりというものになります。そういったものが、サボテン、多肉植物にはたくさんあって、それは絶対カッコいいと思っているんです。

これまで、誰もカッコいいと思ってなかった世界だけれど、きっとイイと言ってくれる人がいるはずだ、と思っていたところ、想像していた以上に、気にいってくれる人が多かったというのが現在です。


Related article

  • 「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本
    「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本
  • Interview:建築家・板坂諭|鮮やかな感性から生み出されるデザイン
    Interview:建築家・板坂諭|鮮やかな感性から生み出されるデザイン
  • 20日まで「デザイナーズ集合住宅の過去・現在・未来 展」
    20日まで「デザイナーズ集合住宅の過去・現在・未来 展」
  • 混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
    混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
  • ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
    ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
  • CLASKAで「ミナ ペルホネンとトラフの新作/習作」展開催中
    CLASKAで「ミナ ペルホネンとトラフの新作/習作」展開催中

Prev & Next

Ranking

  • 1
    美と機能の融合! CHEMEXの自動コーヒーメーカー登場
  • 2
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 3
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 4
    クラチカ ヨシダ 表参道 にて先行&限定販売
  • 5
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 6
    吉田カバン2010春夏新作「カジュアル編」
  • 7
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 8
    2つの老舗メゾンが実現した究極のボトルクーラーとは?
  • 9
    バレンタインに誘いたい、音楽×ミステリーの饗宴「+GOLD FISH」
  • 10
    WORLD BREAKFAST ALLDAY/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(5)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加