芝生広場に出現した小さな都市 「ミッドパーク・ダンジョン」

2013年 10月 29日 12:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ミッドタウンで開催中の「Tokyo Midtown Design Touch 2013」。「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに、東京ミッドタウンがオープンした2007年から、毎年この時期に全館をあげて行なわれているデザインイベントだ。今年で7回目を迎える今回のテーマは「デザインを、探しにいこう。」。

そのメイン会場となる芝生広場では、ゆるやかな傾斜のある敷地いっぱいをつかったスケールの大きな展示が毎回注目を集める。「Midtown Design Touch park」と題し、一昨年はトラフ建築設計事務所が設計した「ガリバーテーブル」、昨年は谷尻誠/サポーズデザイン・オフィスの「マウンテンジム」と、それぞれデザインタッチのメインコンテンツとなる体験的なアトラクションが登場し、大きな話題になった。


今年のメイン展示は、建築家の藤村龍至氏がデザインを担当。芝生広場に、摩天楼をもった迷路のようなダンジョン=迷宮による仮想都市「ミッドパーク・ダンジョン」が出現した。

今回藤村氏は、東京ミッドタウンを訪れる人びとの憩いの場となっている芝生広場に、木の壁で区画分けされた仮想的な「小さな都市」を設計。古くから世界中の都市で採用されている都市計画のモデルであるグリッド・プランを採用したのが、仮想都市ミッドパーク・ダンジョンである。そのモデルとなったのが、都市計画の典型であり、ニューヨークにある、19世紀に計画された都市計画の金字塔でもあるマンハッタン・グリッドといわれるもの。公園、街路、広場、超高層ビルがセットになったその都市構造は、東京ミッドタウン創成のルーツともなったものでもあるという。


Related article

  • 写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
    写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
  • 街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • be東京ミッドタウンにアラン・デュカス来店
    be東京ミッドタウンにアラン・デュカス来店
  • 混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
    混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
  • 東京ミッドタウンに「エルメスの家」、6日まで
    東京ミッドタウンに「エルメスの家」、6日まで
  • マリメッコが「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」に参加
    マリメッコが「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」に参加

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デンマークの生活の家具―ボーエ・モーエンセン生誕100周年展
  • 2
    バング&オルフセンの目覚ましクロック「BeoTime」
  • 3
    よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?
  • 4
    ミラノサローネ2010、カリモクの挑戦
  • 5
    カラフルで宝石のようなエクレア専門店/パリの絶品スイーツ(2)
  • 6
    手縫い靴の魅力を知るエントリーモデル
  • 7
    「パンとエスプレッソと」神宮前3丁目にオープン
  • 8
    今週末見るべき映画「彼は秘密の女ともだち」
  • 9
    「差がつく」バッグ/注目すべき、厳選メンズバッグ(4)
  • 10
    今週末見るべき映画「ザ・マスター」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加