芝生広場に出現した小さな都市 「ミッドパーク・ダンジョン」

2013年 10月 29日 12:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ミッドタウンで開催中の「Tokyo Midtown Design Touch 2013」。「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに、東京ミッドタウンがオープンした2007年から、毎年この時期に全館をあげて行なわれているデザインイベントだ。今年で7回目を迎える今回のテーマは「デザインを、探しにいこう。」。

そのメイン会場となる芝生広場では、ゆるやかな傾斜のある敷地いっぱいをつかったスケールの大きな展示が毎回注目を集める。「Midtown Design Touch park」と題し、一昨年はトラフ建築設計事務所が設計した「ガリバーテーブル」、昨年は谷尻誠/サポーズデザイン・オフィスの「マウンテンジム」と、それぞれデザインタッチのメインコンテンツとなる体験的なアトラクションが登場し、大きな話題になった。


今年のメイン展示は、建築家の藤村龍至氏がデザインを担当。芝生広場に、摩天楼をもった迷路のようなダンジョン=迷宮による仮想都市「ミッドパーク・ダンジョン」が出現した。

今回藤村氏は、東京ミッドタウンを訪れる人びとの憩いの場となっている芝生広場に、木の壁で区画分けされた仮想的な「小さな都市」を設計。古くから世界中の都市で採用されている都市計画のモデルであるグリッド・プランを採用したのが、仮想都市ミッドパーク・ダンジョンである。そのモデルとなったのが、都市計画の典型であり、ニューヨークにある、19世紀に計画された都市計画の金字塔でもあるマンハッタン・グリッドといわれるもの。公園、街路、広場、超高層ビルがセットになったその都市構造は、東京ミッドタウン創成のルーツともなったものでもあるという。


Related article

  • ポートランド発人気のライフスタイル誌『KINFOLK』の日本版が登場
    ポートランド発人気のライフスタイル誌『KINFOLK』の日本版が登場
  • 2014年東京、秋のデザインイベントレポート
    2014年東京、秋のデザインイベントレポート
  • Interview:カルテルCEO クラウディオ・ルーティ氏&吉岡徳仁氏
    Interview:カルテルCEO クラウディオ・ルーティ氏&吉岡徳仁氏
  • 日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
    日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)
  • さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
    さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
  • 大人の夜を楽しめるHennessy Mixer BAR が期間限定オープン
    大人の夜を楽しめるHennessy Mixer BAR が期間限定オープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    清水久和が世界に放つ 「フルーツ」
  • 6
    洗練されたカジュアル、「ランズエンド」
  • 7
    フォトギャラリー:新型EクラスとSLS AMGセーフティカー
  • 8
    フォトギャラリー:カッシーナ・イクスシー青山本店
  • 9
    CLASKA Gallery & Shop
  • 10
    癒しと食の複合温泉施設「アクアイグニス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加