東京デザイナーズウィーク2013が開幕。今年の見どころをレポート

2013年 10月 31日 12:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で28年目を迎えるクリエイティブの祭典「東京デザイナーズウィーク」が10月26日(土)~11月4日(月・祝)の10日間で開催されている。今年のテーマは「CREATIVE fes」。デザインの展示会という形からあらゆるクリエイティブが集まるデザインフェスへ、業界関係者のみならず大人から子供まで楽しめるイベントへと進化した。編集部が選ぶおすすめの展示をご紹介。

東京デザイナーズウィークのメインコンテンツ「NEXT DESIGN展」では企業・デザイナー・団体・大使館が、それぞれの分野で「未来のスタンダード」になるであろう発想の種を提案する。まず紹介したいのが、「タバコを吸うためのライター」という枠組みを超えることに挑戦した、一般社団法人 日本喫煙具協会とデザイナー2名がコラボレーションしたライターだ。

Tanohi(たのひー)
プロダクトデザイナーの柴田文江氏がデザインしたTanohi(たのひー)。「喫煙のためだけだけでなく、火を使って皆で楽しさを共有できるライターを作りたい」という思いから作られた作品だ。このライターを使えば大人数での花火や、ケーキに挿したろうそくにも一気に火が付けられる。


Lighters On The Cloud(雲の上のライター)
インダストリアルデザイナーの清水久和氏がデザインした本作品は、同氏が食堂で見かけた小さなお盆に乗った調味料たちから発想を得てつくられた作品。ライターは、タバコに火をつけるものという概念を覆す、心あたたまる作品になっている。


TOTOは、ウォシュレット一体形便器『ネオレスト』発売から20周年記念として、トラフ建築設計事務所・橋田規子・野老朝雄・ミヤケマイとコラボした、『NEOREST×4CREATORS』を出展した。

TOTOの展示は大きな箱のようになっており、中に入って行くと鏡張りの部屋にたどり着く。部屋にはネオレストが5体ほど配置されており、便座の中身をよく見ると文字の影が見える。一つ一つの便座に書かれている文字は異なるのですべてチェックしたい。

Related article

  • 全く新しいアロマディフューザー「ECRIT」とは?
    全く新しいアロマディフューザー「ECRIT」とは?
  • 【速報】 銀座三越  「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
    【速報】 銀座三越 「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • 婚約指輪をスリムに収納できるポップアップケース
    婚約指輪をスリムに収納できるポップアップケース
  • ミラノサローネ 隈 研吾スペシャルインタビュー
    ミラノサローネ 隈 研吾スペシャルインタビュー
  • 大阪で初開催の「リビング&デザイン」展、会場レポート
    大阪で初開催の「リビング&デザイン」展、会場レポート
  • エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
    エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 7
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 9
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 10
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加