あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/1)真鍋大度

2014年 1月 20日 09:55 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

真鍋さんにとって「スタンダード」とは何ですか?

僕にとってのスタンダードとは、先ほどお話したように、新しい機材や環境が変わったときにどんどん更新されていきます。まだ周りで誰も使っていない開発環境やツールをいち早く使って、それがいつの間にか業界のスタンダードになっていると嬉しかったりします。


最先端のテクノロジーを扱いながらも、真鍋さんの作品には身体性を強く感じます。それはなぜだと思われますか?

映像の仕事をさせていただくこともあるのですが、そこでも人と映像の関係を考えることに興味があります。映像が入ることで振りがわかりやすくなったり、人の動きが加わることで映像が一層よく見えたり。音をつくるときも同じですね。インタラクションをどうデザインするかという点が全てのプロジェクトに共通していると思います。


真鍋大度
1976年生まれ。東京理科大学理学部数学科卒業後、大手企業システムエンジニアを退職し、IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー)に進学。2006年株式会社ライゾマティクスを設立。プログラミングを駆使してさまざまなプロジェクトに参加。2010年から数々の「Perfume」のプロジェクトに携わる。カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル銀賞(2013)、文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門大賞(2012)など受賞作多数。世界各国でワークショップを行なうなど教育普及活動にも力を入れる。

ライゾマティクス
2006年設立。デザイン、アート、建築、数学、工学など、様々なバックグラウンドを持つ個性豊かなメンバーからなるクリエイター集団。Webから空間におけるインタラクティヴ・デザインまで、既存の枠組みを越えたクリエイションにより、常に新たなフォーマットを生み出し続けている。石橋素、比嘉了、堀宏行、堀井哲史、真鍋大度、柳澤知明をはじめ、日本のクリエイティヴ・シーンを牽引するアーティスト、エンジニアが集う。

取材/加藤孝司 撮影/根田拓也


Related article

  • オーストラリア大陸が凝縮された神秘の島へ|疾走オーストラリア、9000kmの旅#03
    オーストラリア大陸が凝縮された神秘の島へ|疾走オーストラリア、9000kmの旅#03
  • 今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 見えてきた現実と理想/コーヒーにこだわる(2)
    見えてきた現実と理想/コーヒーにこだわる(2)
  • ティファニー、憧れと誘惑をまとう/4)人生の節目に贈るティファニー
    ティファニー、憧れと誘惑をまとう/4)人生の節目に贈るティファニー
  • ミシェル・ゴンドリー来日。展覧会イベントレポート/ミシェル・ゴンドリーの世界(4)
    ミシェル・ゴンドリー来日。展覧会イベントレポート/ミシェル・ゴンドリーの世界(4)
  • 世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催
    世界で注目されるクリエイター集団、ライゾマティクスの展覧会「ライゾマティクス inspired by Perfume」開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 3
    極上のインテリアスタイリング、軽井沢で見れます、買えます。
  • 4
    さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物【今週末見るべき映画】
  • 5
    バカラ・アルクール×nendoの魅力を、佐藤 オオキが語る
  • 6
    ミラノサローネプレビュー、吉岡徳仁「MOROSO新作」
  • 7
    北欧ブランドに新しい波/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(5)
  • 8
    一瞬の情景を切り取る。 高性能コンパクトデジタルカメラ、ライカX2が登場
  • 9
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 10
    音楽と羊羹のコラボ|おいしいMade in Japan#06

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加