あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/2)樅山敦

2014年 1月 20日 09:56 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

バーバーを始められたのは何年になりますか。

2008年に始めました。この場所でバーバーを始めるまえに流す音楽はジャズでとかいろいろなことをイメージしていたのですが、着る服はトム・ブラウンのスリーピースと決めていました。シャツや小物も、ロンドンに行ったときなどに買ってきたりしてきたものを合わせたりして楽しんでいます。トム・ブラウンのパンツは丈が短めなのですが、僕のような立ち仕事をしている人間にとっては、動きやすくてちょうどいいんです。スーツは紺とグレーの二色をもっていて、ローテーションで着ています。ネクタイも今日はトム・ブラウンです。スーツの上に着ている白衣はそのときどきで変えています。バーバーの内装は自分の「エゴ」ですが、ヘアメイクの仕事で自分の「エゴ」なんか出してやっていたら通用するわけないですよ。


イメージというお話がありましたが、人物や街など、どのようなものからインスピレーションを受けますか?

日々出会うさまざまなものからインスピレーションを受けます。バーバーに関しては、レジとしてつかっているルイ・ヴィトンのシガーボックスをイメージしてランドスケーププロダクツの片山さんに内装をしていただきました。空間のコンセプトは箱なんです。建物や空間、クラブやライブハウスのことを「ハコ」といいますが、ここもハコだと。この葉巻入れが似合うハコをつくってくださいとお願いして、この空間をつくってもらいました。

天井の薄いグレーも、トム・ブラウンぽい感じで蓋を閉めてくださいと設計の方にお願いしました。それとこの場所を決めたのも、窓から見えるマンションがトム・ブラウンぽいと思ったからです。それも直感です。悩まないんですね。イメージに合うと直感で判断したら、瞬間で決めてしまうんですね。 お客様のヘアスタイルも何もかも、すべて分かりやすくやっています。


Related article

  • 世界で一番小さなカップケーキ屋/パリの絶品スイーツ(3)
    世界で一番小さなカップケーキ屋/パリの絶品スイーツ(3)
  • パディントンに会いに英国へ!(4)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
    パディントンに会いに英国へ!(4)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 永遠に循環する生命のエネルギー、森万里子インタビュー
    永遠に循環する生命のエネルギー、森万里子インタビュー
  • 気鋭の詩人 菅原敏に聞く―Bamboo Stylus duoで「かく」ということ
    気鋭の詩人 菅原敏に聞く―Bamboo Stylus duoで「かく」ということ
  • 世界的巨匠建築家が見つめた建築|「TANGE BY TANGE 1949-1959  丹下健三が見た丹下健三」
    世界的巨匠建築家が見つめた建築|「TANGE BY TANGE 1949-1959 丹下健三が見た丹下健三」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 6
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 7
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 8
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 9
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン
  • 10
    アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネが日本国内に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加