食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」

2014年 3月 4日 12:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

「つくる」とは、店内にあるキッチンで、実際にお店で販売している食材を使い、自家製総菜やお弁当を毎日丁寧に手づくりしていることに、顕著にあらわれている。それは、お店にならぶ日本中からセレクトされた食品を味わってもらうことが、セレクトされた食材を「テイスティング」してもらうことだと考えているからだという。

店頭にならぶデリや弁当に使われる食材は、そのほぼすべてが店内に併設されたキッチンでカットし調理されている。その日お店で買える総菜や弁当は目の前のキッチンで調理されているから、鮮度の良い総菜や弁当を提供することが可能になる。それらは昔ながらの家庭料理に近い、手間ひまかけてつくられた、しごくまっとうで生真面目な料理だ。

また、お米や野菜、お肉や魚だけでなく、総菜やお弁当で使われる調味料まで、そのほぼすべての食材はお店で扱う商品だというから、その食への向き合い方は徹底している。

高感度な人びとが世界中から集まる六本木という街で、むかしながらの日本の伝統的な食の考えかたに近い、長い時間をかけて培われてきた物語のある食文化と、現代的な生活を、なるべく無理のないかたちでまなび、つたえるお店としても、FUKUSHIMAYA TASTING MARKETは機能している。


Related article

  • シャネル、バッグの新しいマスターピース
    シャネル、バッグの新しいマスターピース
  • 20日まで「デザイナーズ集合住宅の過去・現在・未来 展」
    20日まで「デザイナーズ集合住宅の過去・現在・未来 展」
  • 森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
    森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
  • 時を経た植物の美しさ。叢(くさむら)小田康平氏インタビュー
    時を経た植物の美しさ。叢(くさむら)小田康平氏インタビュー
  • イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」
    イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」
  • 大山エンリコイサム氏「KISS THE HEART#3」インタビュー
    大山エンリコイサム氏「KISS THE HEART#3」インタビュー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    タブーを打ち破った1台・日産GT−R、試乗レポート
  • 2
    今週末見るべき映画「イエロー・ケーキ」
  • 3
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • 4
    クルーズ新世紀(2)~ism世代のマイシップ|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 5
    フィリップ・スタルクデザイン、高機能ヘッドフォン『Parrot Zik』
  • 6
    今週末見るべき映画「スノーピアサー」
  • 7
    ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用 フレデリシア
  • 8
    BMWのSUV、X5とX6に「Mモデル」追加
  • 9
    「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加