”ウイダーin ゼリー”20周年の進化を、佐藤可士和がデザイン

2014年 3月 13日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

厳しい条件下で限界に挑むトップアスリートたちの声を受けて開発され、1994年に誕生して以来ゼリー飲料のトップブランドとして業界を牽引しつづける『ウイダーin ゼリー』が、今年発売20周年を迎えたことを機に一大リニューアルを慣行。そのディレクションにアートディレクターの佐藤可士和氏を迎え、発売以来初となる大々的なリニューアルを実現した。

(左から)『ウイダーin ゼリー エネルギー』(マスカット味)180g 180kcal
『ウイダーin ゼリー カロリーハーフ』(グレープフルーツ味)180g 90kcal
『ウイダーin ゼリー カロリーゼロ』(グレープ味)180g 0kcal
『ウイダーin ゼリー プロテイン』(ヨーグルト味)180g 90kcal
『ウイダーin ゼリー ゴールド』(栄養ドリンク味)180g 180kcal


今回の大リニューアルにおいて佐藤可士和氏は、パッケージデザインだけでなくクリエイティブディレクターとしてブランドコンセプトの設計段階からトータルにプロジェクトに参画。

「適度に腹持ちがする、手軽に摂れる、栄養・エネルギー補給ができる」という『ウイダーin ゼリー』が従来持っていた価値に加えて、「お腹が空いた時に必要な栄養を摂りながら、しかもカロリーコントロールできる」という新しい価値を付加。心と身体の“コンディショニングアイテム”として新たな展開をスタートさせる。

新生『ウイダーin ゼリー』のラインアップは全5商品。最新のスポーツ化学理論や栄養学、トップアスリートの生の声を反映した商品ベースはそのままに、栄養機能別のラインアップ(「エネルギー イン」「マルチビタミン イン」「マルチミネラル イン」など)を、食シーンや気分に合わせてカロリーや味で選べるラインアップに変更。

特にパッケージデザインでは、風味やカロリー表示もひと目で分かるように識別性を高めることによって、「選べるカロリー」という新たなコンセプトをディスプレイした。また、キャップも丸型から八角形型へと変更したことで従来のものより開けやすく改良され、サイズもつかみやすい大きさにリニューアルされている。

Related article

  • Interview:ピエール・エルメ、「ロワイヤル・モンソー」を語る
    Interview:ピエール・エルメ、「ロワイヤル・モンソー」を語る
  • フライターグのものづくり「FREITAG MORE THAN A BAG」展
    フライターグのものづくり「FREITAG MORE THAN A BAG」展
  • デザインから見る、新型MacBookの凄さ(1)
    デザインから見る、新型MacBookの凄さ(1)
  • 秋田道夫デザインのIHクッキングプレート
    秋田道夫デザインのIHクッキングプレート
  • 長山智美のムームー日記SP 「アッシュコンセプトの新作発表会」
    長山智美のムームー日記SP 「アッシュコンセプトの新作発表会」
  • アートと食を巡る小豆島/アート編
    アートと食を巡る小豆島/アート編

Prev & Next

Ranking

  • 1
    渋谷に岡本太郎の遺伝子を継ぐアートが集結!
  • 2
    近未来都市「マカオ」、その建築
  • 3
    押さえておきたい、ビジネスバッグ/ 注目すべき、厳選メンズバッグ(1)
  • 4
    今週末見るべき映画「光りの墓」
  • 5
    フォトギャラリー:「プジョー308」発表会
  • 6
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 7
    今週末見るべき映画<番外編>「ヴァチカン美術館 天国への入口」
  • 8
    「フィアット500」にカブリオレ登場
  • 9
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 10
    伝統と革新、上出・九谷・惠悟展「九谷焼コネクション」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加