あたらしいサイネージを。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」成果発表展

2014年 3月 17日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数十年の間にさまざまなメディアがわたしたちの前に姿を現し、暮らしの風景を変容させてきた。街にあふれるインフォメーションも看板からディスプレイへ変わり、よりインタラクティブなものが求められるようになっている。

「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」はパブリックスペースデザインに多様な可能性を見出し、更にその先を探求できるクリエイターを育成することをミッションに先の2月に開催されたワークショップである。


文化庁メディア芸術人材育成事業の一環として開催された、「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」。

業界の第一線で活躍するクリエイター18名が講師となり、ユーザーインターフェイスやユーザーエクスペリエンス表現の基礎知識と技術レクチャーやコンセプト立案、実制作に至るまでフルサポートされた実に豪華なワークショップであった。

受講したのは3倍近い倍率の一般公募から選ばれた29名の学生や社会人。彼らはそれぞれ5チームに分かれ、1台の縦型モニターでインタラクション性の高いサイネージを制作した。

主要講師/筧 康明(慶應義塾大学環境情報学部 准教授)



この成果発表展が現在青山・スパイラルで3月23日まで開催されている。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」受講生たちのアイデアが結集された、ソーシャルグッドなあたらしいサイネージをここでぜひ体験してほしい。

Related article

  • 災害時、デザインは何ができるか?を考えた展覧会
    災害時、デザインは何ができるか?を考えた展覧会
  • 「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
  • 東京デザイナーズウィーク2009、世界の才能と出会う
    東京デザイナーズウィーク2009、世界の才能と出会う
  • シトロエン新型C5、“ザハ”的なるデザインとは
    シトロエン新型C5、“ザハ”的なるデザインとは
  • フォトギャラリー:東京デザイナーズウィーク(1)
    フォトギャラリー:東京デザイナーズウィーク(1)
  • 「Tag Schedule」5色になって新登場
    「Tag Schedule」5色になって新登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 2
    鈴木理策が語るセザンヌの魅力
  • 3
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 4
    カルティエ、マニュファクチュールであることの威信
  • 5
    世界最小機械式ムーブメント、ジャガー・ルクルト80周年モデル
  • 6
    思わずウィーンを旅したくなる「ウィーントラベルブック」
  • 7
    テーマは「都市と自然」。札幌国際芸術祭レポート
  • 8
    サムリ・ナーマンカ アート・アンド・インダストリー展
  • 9
    今週末見るべき映画「恐怖分子」
  • 10
    クリスマスまでの心躍る特別な12日間~パーク ハイアット 東京

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加