マーク・ニューソンと伝統工芸の極みが結実した日本刀「aikuchi」

2014年 4月 2日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

「極める」という言葉を辞書で引くと、「これより先はないというところまで行き着く」「極点に達した状態になる」といった内容が記されている。私たちは普段「~を極めた○○」などという言葉を安易に使ってしまいがちだが(それはライターという職種に多く存在するが)、果たしてその本質をどこまでつかんでいるのだろうか?

いま一度、この言葉の意味を(自戒を込めて)問いかけたいと思う。なぜなら、これから紹介するプロジェクトは、「極める」という言葉をなくしては語ることのできない存在だからだ。


1000年を超える歴史を持ち、その製造技術はほとんど口伝でのみ伝えられていく日本刀。日本人であれば誰しも、この最高峰の伝統工芸にある種の「極み」を想像することは容易いだろう。

そこには、ほとんどの人は近付くことのできない神秘的な工匠の奥に、日本人の精神と美意識が宿っていることを歴史から学んでいるからだ。しかし、当然のごとく時代は変遷している。どれほど崇高な技巧であっても、その価値を享受する者がいなければ、あらゆるものごとはやがて途絶えてゆく。

だが、今年3月に発表された「aikuchi」は、世界的なデザイナーであるマーク・ニューソンを招き入れ、日本が誇る刀匠とのコラボレーションをはかるという大胆な試みによって、日本刀を現代の最高峰のアートピースに革新してしまった。

Related article

  • ステルトンの名作、バキュームジャグが30周年
    ステルトンの名作、バキュームジャグが30周年
  • アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
    アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
  • 自然・先端科学・デザイン。未来を肯定する意思/ロボットデザイナー 松井龍哉。 あざやかな未来(2)
    自然・先端科学・デザイン。未来を肯定する意思/ロボットデザイナー 松井龍哉。 あざやかな未来(2)
  • VWの新スモールカーup!  ワルター・デ・シルヴァが語る次世代モビリティ
    VWの新スモールカーup!  ワルター・デ・シルヴァが語る次世代モビリティ
  • 吉岡徳仁の描く未来へのビジョン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(5)
    吉岡徳仁の描く未来へのビジョン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(5)
  • 「HIROSHIMAアームチェア」など人気チェアに新バリエ
    「HIROSHIMAアームチェア」など人気チェアに新バリエ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:ディーター・ラムス展
  • 2
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 3
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 4
    ロンドンのギャラリー「コンクリートハーミット」がコンランショップに
  • 5
    ルパンも愛した「フィアット500」のニューモデル
  • 6
    フォトギャラリー・ムービー:東芝LED照明×谷尻誠
  • 7
    フォトギャラリー:ロレックスのアート・プログラム、ロンドンレポート
  • 8
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 9
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 10
    エリオット・アーウィット 独占インタビュー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加