ミラノサローネ開幕。吉岡徳仁がデザインする「宇宙のテーブル」とは?

2014年 4月 8日 11:20 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ本日、世界最大のデザイン家具見本市「ミラノサローネ2014(ミラノ国際家具見本市)」が開幕する。今年もイズムではさまざまなサローネレポートを予定しているが、それに先駆けて、デザイナー・吉岡徳仁が発表する注目の新着情報をひと足先にお届けしたい。

かねてより「Nature(自然)」をテーマに作品を手がけてきた吉岡氏が今回挑んだテーマは「宇宙」。トルコ政府が支援している、マーブルの新たな可能性を探るエキシビション『MARBLE ACROSS TIME』において、アーティストのひとりとして招聘された吉岡氏は、未来をテーマとした空間に、" 宇宙のテーブル " =『 Agravic(アグラヴィック) 』と題したアートピースを発表する。

「Agravic」イメージパース、模型を使っての試作風景

同作品は、吉岡氏自身が「かねてより心惹かれるテーマだった」という“宇宙”をテーマに、巨大な大理石をあたかも空中に浮遊しているかのような(無限の宇宙空間に鉱石が浮遊しているかのような)無重力状態を表現するというもの。

「Agravic」制作風景

Related article

  • ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
  • “揺らぐ”季節に提案! COVERMARKの限定スキンケアセット発売開始
    “揺らぐ”季節に提案! COVERMARKの限定スキンケアセット発売開始
  • 「シルビウス ブラボー」にふたりでシェアする期間限定スイーツコース
    「シルビウス ブラボー」にふたりでシェアする期間限定スイーツコース
  • 家具のトレンドは年明けのドイツから「ケルン国際家具見本市」
    家具のトレンドは年明けのドイツから「ケルン国際家具見本市」
  • 「越後妻有アートトリエンナーレ2009」注目の新作
    「越後妻有アートトリエンナーレ2009」注目の新作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アレッシィ、注目のインテリア製品
  • 2
    今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」
  • 3
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 4
    立ち去った女 【今週末見るべき映画】
  • 5
    ダイソンの新製品は、蛇口と一体型の「ハンドドライヤー」です
  • 6
    「ベージュ アラン・デュカス 東京」で“幻の豚”限定メニュー
  • 7
    今週末見るべき映画「ブッシュ」
  • 8
    ポルシェ限定モデル「911 ブラックエディション」
  • 9
    アルファ ロメオ ミト、ムービー&写真展@コスチューム・ナショナル
  • 10
    今週末見るべき映画「顔のないヒトラーたち」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加