ミラノサローネ開幕。吉岡徳仁がデザインする「宇宙のテーブル」とは?

2014年 4月 8日 11:20 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ本日、世界最大のデザイン家具見本市「ミラノサローネ2014(ミラノ国際家具見本市)」が開幕する。今年もイズムではさまざまなサローネレポートを予定しているが、それに先駆けて、デザイナー・吉岡徳仁が発表する注目の新着情報をひと足先にお届けしたい。

かねてより「Nature(自然)」をテーマに作品を手がけてきた吉岡氏が今回挑んだテーマは「宇宙」。トルコ政府が支援している、マーブルの新たな可能性を探るエキシビション『MARBLE ACROSS TIME』において、アーティストのひとりとして招聘された吉岡氏は、未来をテーマとした空間に、" 宇宙のテーブル " =『 Agravic(アグラヴィック) 』と題したアートピースを発表する。

「Agravic」イメージパース、模型を使っての試作風景

同作品は、吉岡氏自身が「かねてより心惹かれるテーマだった」という“宇宙”をテーマに、巨大な大理石をあたかも空中に浮遊しているかのような(無限の宇宙空間に鉱石が浮遊しているかのような)無重力状態を表現するというもの。

「Agravic」制作風景

Related article

  • 「ウェスティンホテル 東京」がまもなく開業15周年
    「ウェスティンホテル 東京」がまもなく開業15周年
  • ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
  • ポーラによるダイエットプログラム
    ポーラによるダイエットプログラム
  • 渡辺力氏の100歳記念「リキ モビール」
    渡辺力氏の100歳記念「リキ モビール」
  • 繊細なフェミニティー。イッセイミヤケの新しい香り
    繊細なフェミニティー。イッセイミヤケの新しい香り
  • ハイメ・アジョンとコラボ!パパブブレ横浜店、オープンレポート
    ハイメ・アジョンとコラボ!パパブブレ横浜店、オープンレポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 3
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 4
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  • 7
    カルティエLOVEシークレットライブから、動画
  • 8
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加