ミラノサローネ開幕。吉岡徳仁がデザインする「宇宙のテーブル」とは?

2014年 4月 8日 11:20 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ本日、世界最大のデザイン家具見本市「ミラノサローネ2014(ミラノ国際家具見本市)」が開幕する。今年もイズムではさまざまなサローネレポートを予定しているが、それに先駆けて、デザイナー・吉岡徳仁が発表する注目の新着情報をひと足先にお届けしたい。

かねてより「Nature(自然)」をテーマに作品を手がけてきた吉岡氏が今回挑んだテーマは「宇宙」。トルコ政府が支援している、マーブルの新たな可能性を探るエキシビション『MARBLE ACROSS TIME』において、アーティストのひとりとして招聘された吉岡氏は、未来をテーマとした空間に、" 宇宙のテーブル " =『 Agravic(アグラヴィック) 』と題したアートピースを発表する。

「Agravic」イメージパース、模型を使っての試作風景

同作品は、吉岡氏自身が「かねてより心惹かれるテーマだった」という“宇宙”をテーマに、巨大な大理石をあたかも空中に浮遊しているかのような(無限の宇宙空間に鉱石が浮遊しているかのような)無重力状態を表現するというもの。

「Agravic」制作風景

Related article

  • 2014年東京、秋のデザインイベントレポート
    2014年東京、秋のデザインイベントレポート
  • 松井龍哉が語る、10年代のデザイナーとデザインオフィス
    松井龍哉が語る、10年代のデザイナーとデザインオフィス
  • 渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
  • 長山智美のムームー日記SP「上出惠悟さまのうつわ」
    長山智美のムームー日記SP「上出惠悟さまのうつわ」
  • ケンゾーパルファムから新フレグランス
    ケンゾーパルファムから新フレグランス
  • バス&洗面が究極まで突き抜けた―新ブランド「バーニョ」とは?
    バス&洗面が究極まで突き抜けた―新ブランド「バーニョ」とは?

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北米ショーに「MINI ジョン・クーパー・ワークス ペースマン」を公開
  • 2
    今週末見るべき映画「ムーンライズ・キングダム」
  • 3
    オーガニックでおいしいシドニー/オーストラリアを旅する(6)
  • 4
    深澤直人ディレクション、「拭く」をテーマにしたワークショップ
  • 5
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 6
    吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
  • 7
    Chocolat Chic (ショコラ・シック)/女をあげる、sweetなスイーツ(4)
  • 8
    今週末見るべき映画「フレンチアルプスで起きたこと」
  • 9
    はじまりへの旅 【今週末見るべき映画】
  • 10
    今週末見るべき映画「ラサへの歩き方 祈りの2400km」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加