フェンディの名品バッグをアプリで自由にデザイン

2014年 7月 23日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア屈指のラグジュアリーブランドFENDIから、ユニークなアプリが登場した。それが「myBaguette」(マイバゲット)。ブランドのアイコンバッグのひとつ「バゲット(Baguette)」を自由にバーチャルデザインできるというもの。


「バゲット」はフェンディ家3代目デザイナーのシルヴィア・フェンディ氏のデザイン。小ぶりでシンプルなフォルムは、フランスパンのように小脇にはさんで持つことから「バゲット」と名づけられ、1997年に発売されるとまたたく間に世界的な大流行を巻き起こしたバッグ。その人気は今も衰えることはない。

「バゲットは、もともとミニマムで小粋なバッグとして考案されました。でも、そこにはイマジネーションが際限なく広がります。発表依頼、すでに1000種類もの異なるデザインが作られ、その中にはバゲットをキャンバスに見立ててデザインされたものもあります」とシルヴィア氏。次々と発表されるデザインをコレクションしているファンも多いのではないだろうか。

数あるコレクションのひとつに、真っ白なバゲットに実際にペインティングできるDIYキットがあり、それと同じ体験をバーチャルでも気軽にできる、というのがまさに今回の「myBaguette」だ。「今回はデジタルに精通した皆さんに、唯一無二のオリジナルバゲットをデザインしていただけるチャンス。私も本当にうれしく思っています。早く、皆さんの作品を拝見したいですね!」とシルヴィア氏。


用意されているデザインツールも豊富。ペイントブラシ、カラー、フィルターなどはもちろん、色彩の彩度やセピア色フィルター、カレイドスコープデザインなどが用意されている。写真やグラフィックなども貼付けることができるので、世界にたったひとつの自分だけのこだわりのバゲットをデザインすることができる。

Related article

  • エンツォ・マーリ新作は「和弓」がモチーフ
    エンツォ・マーリ新作は「和弓」がモチーフ
  • 妄想と現実が入り交じる「SR×SI」の実態/2014、最新テクノロジー(1)
    妄想と現実が入り交じる「SR×SI」の実態/2014、最新テクノロジー(1)
  • 「見て、感じて、買って」同時代アートに触れる、「東京アートウィーク」
    「見て、感じて、買って」同時代アートに触れる、「東京アートウィーク」
  • グエナエル・ニコラ「SPARKS」 SWAROVSKI CRYSTAL PALACE
    グエナエル・ニコラ「SPARKS」 SWAROVSKI CRYSTAL PALACE
  • パス・ザ・バトンで、商品の裏側を知る―「NEWSED」のショップが限定オープン
    パス・ザ・バトンで、商品の裏側を知る―「NEWSED」のショップが限定オープン
  • 長大作のマッシュルームベーステーブルが、より使いやすく
    長大作のマッシュルームベーステーブルが、より使いやすく

Prev & Next

Ranking

  • 1
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
  • 2
    ディーター・ラムス インタビュー、機能主義デザイン再考
  • 3
    今週末見るべき映画「ドラゴン・タトゥーの女」
  • 4
    香港にビジネス向け新ホテル、 east(イースト)
  • 5
    ドイツからデザイン バス・シャワーシステム
  • 6
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 7
    ヴィトラからジョージ・ネルソン幻の時計が発売に
  • 8
    カンヌ・レポート3:河瀬直美監督凱旋、シネフォンダシオンの平柳敦子監督受賞
  • 9
    E&Yから二俣公一の新作「ハンモック」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加