イームズ、ジラードがデザインしたポスターが発売

2014年 8月 20日 09:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャールズ&レイ・イームズとアレキサンダー・ジラード。共にミッドセンチュリー時代に活躍したデザイナーで、ハーマンミラーを世界的な家具メーカーへと伸し上げた功労者である。そのふたりがデザインした名作グラフィックポスターが、ハーマンミラージャパンよりこの夏発売。ミッドセンチュリー家具ファンなら、ぜひインテリアのアクセントにしたい逸品だ。


今回発売されたポスターは2種類で、いずれも1960年代初頭にデザインされた広告。グラフィックデザインとしての評価も高く、ハーマンミラーのデザインの歴史を垣間見ることができる名作といえる。

「Textiles & Objects」のポスターは、ハーマンミラーのテキスタイルデザイナーも務めたAlexander Girard(アレキサンダー・ジラード)によるデザイン。1961年にニューヨーク、マンハッタンのミッドタウンにオープンしたハーマンミラーのショップ「Textiles & Objects」の宣伝用ポスターだ。ハーマンミラーが初めて小売業に進出する契機となったこの店舗は、ジラードの販売に対する興味と個人的な情熱によるものだった。ジラード自らセレクトした世界各国のフォークアートの品々、テキスタイル生地、オーダーメイドのオケージョナル家具(小物家具)、またジラードが製作を依頼し、あるいは自らデザインした小物類などを取り揃えたという。

今回復刻されたポスターによって、ジラードは革新的な試みを広く知らしめると同時に、グラフィックデザインの領域を広げることに大きく貢献した。今回はオリジナルのポスターに忠実な復刻版として、スクリーンプリントを用いて作成。サイズは26インチx20インチ。

Related article

  • 喜多俊之と新技術による、リュクスなネイルケアツール
    喜多俊之と新技術による、リュクスなネイルケアツール
  • ソファのようなチェアのようなボーダーレス家具、Sfera新作
    ソファのようなチェアのようなボーダーレス家具、Sfera新作
  • 横尾忠則が描く多彩なポートレイトを集めた展覧会
    横尾忠則が描く多彩なポートレイトを集めた展覧会
  • 「デザインの現場」編集長による、ADC受賞パーティーレポート
    「デザインの現場」編集長による、ADC受賞パーティーレポート
  • 19世紀パリ もっとも美しい時代、ロートレック回顧展
    19世紀パリ もっとも美しい時代、ロートレック回顧展
  • アートバーゼル42 現地レポート
    アートバーゼル42 現地レポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インテリア・キッチンなら男も主役|Guys in the Kitchen#02
  • 2
    CESで話題!プレゼンテーションに使える、超小型無線マウス
  • 3
    アランフエスの麗しき日々 【今週末見るべき映画】
  • 4
    今週末見るべき映画Part 2 「アルマジロ」
  • 5
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 6
    目にした美しさ、そのままに。「SIGMA dp2 Quattro」
  • 7
    「アルファ ロメオ・ジュリエッタ」が日本初公開
  • 8
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
  • 9
    【速報】 銀座三越  「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • 10
    ブライダルジュエリー「BRILLIANCE+」、銀座ショールームがオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加