日用品のデザイン「SyuRo」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(2)

2014年 10月 27日 08:05 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

伝統的なものづくりの街としての背景を持ち、かつては国技館があった、下町風情の残る街、蔵前と鳥越。ものづくりや暮らしをテーマにしたショップやアトリエ、人が集うことのできるカフェが点在し、昔ながらのつくり手の顔がみえる街。暮らしが豊かに楽しくなる蔵前・鳥越の注目ショップを紹介する。

#02.共感の輪を広げていく日用品のデザイン、「SyuRo」
日常にねざしたデザインと暮らしの道具を提案するデザイナーの宇南山加子さんが店主をつとめる、モノづくりのためのアトリエを併設したショップ「SyuRo」(シュロ)。昔ながらの日本家屋の土間のような空間が清々しい「SyuRo」の店内には、アノニマスなものの良さを備えた日用品が並ぶ。それらは町工場が数多く残り、今もものづくりの伝統の残るこのエリア出身の宇南山さんならではの生産者とユーザーを繋ぐ、生活者の目線で選ばれ生み出されたものたちだ。


現代の暮らしに心地よい新しく生まれたものと、時を経て長く愛されてきたものがうまく溶け合うシュロの空間。扱うもののほぼ6割は、デザイン会社でもあるシュロのオリジナルで、手触りや匂いなど五感に響くもの、日常使いをコンセプトに、誰かにプレゼントしたいもの、自分で使いたいと思ったものを基準に自社で企画している。オリジナルのほかには職人さんの技を使ってつくられる日用品や身近な人々がつくったものをセレクト。それらは日本的な美意識を背景にもった、引き算の美学から生まれた機能的でシンプルでありながら、色や形の派手さではなく日常を豊かにするアイテムたちだ。


なかでもシュロの定番アイテムであるブリキ缶は、この街の職人さんが昔ながらの技術で手づくりする日用の道具。買いやすい価格でつくれて普段使いにちょうど良いブリキの素朴な質感が、今の感覚にもマッチするシュロが生み出した優れた日用のアイテムのひとつだろう。

大小、使い勝手のよい大きさを揃えた丸缶は、お茶やコーヒー豆など食品を保存する容器として、角形のブリキ角缶は道具入れにもちょうどよい大きさ。昔ながらの素朴な質感でありながら、オブジェやアートのようなものとしての存在感があり、使いこむうちに素材が育っていく感覚も味わうことができる。

Related article

  • 見果てぬ夢を体験する。トーヨーキッチンスタイル大阪
    見果てぬ夢を体験する。トーヨーキッチンスタイル大阪
  • アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
    アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
  • grafの考えるグラフィックとは?「感じる箱展」大阪で開催
    grafの考えるグラフィックとは?「感じる箱展」大阪で開催
  • 「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」展
    「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」展
  • 長山智美のムームー日記SP「G-Star RAWのポップアップストア」
    長山智美のムームー日記SP「G-Star RAWのポップアップストア」
  • バーニーズ ニューヨーク新宿店20周年記念でHappy Birthday!!
    バーニーズ ニューヨーク新宿店20周年記念でHappy Birthday!!

Prev & Next

Ranking

  • 1
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
  • 4
    伊勢丹新宿店でHIROSHI TSUBOUCHIのパターンオーダー会
  • 5
    Volkswagen|移動のクオリティを示す、“Lounge”という新しい記号
  • 6
    仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール
  • 7
    キヤノン、「ミラノサローネ」出展の映像作品エキシビション
  • 8
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 9
    パリの素敵な生活雑貨—メゾン・エ・オブジェ2013秋から
  • 10
    ジャン・コクトーの自邸公開、カルティエを愛した詩人

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加