つくり手の顔がみえる「クラマエビル」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(5)

2014年 10月 27日 08:30 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

蔵前という街のなかにある小さなビルを一棟まるまるリノベーションして2014年に誕生したクラマエビルには、ものづくりのアトリエを併設したさまざまなショップ&アトリエなどがオープンしている。賑わいをみせるこのエリアを象徴するような、新しいランドマークを紹介する。

#05.つくり手の顔がみえる「クラマエビル」


1. LITSTA 蔵前
2人組のクリエイターによって2010年に創業されたハンドメイドの革小物、バッグを中心にしたユニセックスなレザー製品のアトリエ「LITSTA」(リティスタ)の全ラインナップを見ることができる、アトリエショップ。


使い込むほどに味わいが増してくる植物性の油でなめしたイタリア製ベジタブルタンニン革を用いたLITSTAの革アイテムは、どれもナチュラルな風合いをもったもの。天然素材の革ならではの素材の変化を楽しむことができる。道具としての機能性と、ファッション性も合わせ持ったレザーアイテムは、ファッションを学んだオーナーならではのデザイン。小銭の仕分けに便利なコインホルダーを内蔵したコインウォレットが人気だが、最近力を入れているオリジナルレザーバッグにも注目したい。

アトリエではLITSTAのアイテムのリペアやセミオーダーにも対応、同じ台東区内にあるJR高架下の商業施設「2k540」にもショップ「LITSTA 2k540」(東京都台東区上野5-9-21 L-3)がある。


クラマエビル 2F 2B室 tel.03-5829-4860
open.不定期(不定休)
公式サイト

Related article

  • 紙で再構築された事件現場 トーマス・デマンド展
    紙で再構築された事件現場 トーマス・デマンド展
  • フォトギャラリー:「オルセー美術館展2010」の舞台裏(3)
    フォトギャラリー:「オルセー美術館展2010」の舞台裏(3)
  • 「Sharpie」に高級感溢れる、ステンレス・バージョン登場
    「Sharpie」に高級感溢れる、ステンレス・バージョン登場
  • 建築家、ボジェック・シーペックを知る
    建築家、ボジェック・シーペックを知る
  • 秋田道夫デザイン「80mm」の秘密に迫るトークイベント
    秋田道夫デザイン「80mm」の秘密に迫るトークイベント
  • インタビュー:ハイメ・アジョンが九谷焼に挑んだ足跡
    インタビュー:ハイメ・アジョンが九谷焼に挑んだ足跡

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 2
    あのクリエイターに今、ききたいこと。坪井浩尚さん/プロダクトデザイナー
  • 3
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 4
    錦織圭、闘魂の赤を語る。タグ・ホイヤーの日本限定モデル”Air-K”。
  • 5
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 6
    【特別インタビュー】美容室assort KEN KOBAYASHI × MOROCCANOIL
  • 7
    フォトギャラリー:フェラーリ「599XX」日本初公開
  • 8
    夏に涼しく美しい、新・日本の名作椅子「イリス」
  • 9
    Bang & Olufsenの新型液晶テレビ「BeoVision 8」
  • 10
    スウェーディッシュ・ファッションの現在

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加