名古屋の"天空の城"、トーヨーキッチンスタイル本社がリニューアル

2014年 12月 16日 08:20 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋・一社。この半年、大通り沿いに箱を詰んだような不思議な建物が建てられ、密かな話題となっていたことをご存じだろうか。実はここ、トーヨーキッチンスタイルの本社。ファッショナブルなキッチンとインテリアの提案で、風雲児となった同社の、本社社屋が大規模なリニューアルを行っていたのだ。


11月末、ついにその本社社屋がベールを脱いだ。新空間の名は、「THE HOUSE」。1000人が訪れたというオープニングの日、早速脚を踏み入れてみた。やはり気になるのはあの「凸」の部分。中はこのように自然光がたっぷり入る、部屋のような空間になり、眺めを楽しめる。


建築のテーマは浮遊感と透明感。まさに天空の城だ。夜はこのように、街に向ったショーケースのような存在となる。最大で3m突き出している。窓ギリギリまで中に入ってOK。一見、非日常的な空間に思えるが、高層マンションや別荘など眺望や夜景を重視した住空間を、リアルにイメージしやすい場所だと感じた。


そして内覧会では40分待ちの行列が出たのが、最上階の天空のバー「THE ROOM」。通常はクローズドで、この場所に招かれるのはキッチン&インテリアを極めた人だけ。つまりは同社のVIPルームであり、全国から特別な顧客だけが招かれる。


「ステンレスやタイルというと硬くて冷たい印象がある。そうではないことを、有機的な曲線で表現した空間で見せたかった」と言うのはインテリアデザイナーの橋本夕紀夫さん。曲面がむくりと盛り上がったような空間は、一人の職人がつききりで担当したという。「おさまりが複雑なため、複数の人ではつじつまが合わなくなる恐れがある。それほど精緻な仕事でした」と橋本さん。

Related article

  • SHIBAURA HOUSEで「空気の器 ワークショップ」
    SHIBAURA HOUSEで「空気の器 ワークショップ」
  • ムービー:瀬戸内国際芸術祭2010「家プロジェクト」
    ムービー:瀬戸内国際芸術祭2010「家プロジェクト」
  • iPodドックを搭載した、美しい真空管アンプ
    iPodドックを搭載した、美しい真空管アンプ
  • “200人掛け”の大きなダイニングテーブルで冬を楽しむ
    “200人掛け”の大きなダイニングテーブルで冬を楽しむ
  • インタビュー:カーリン・フランケンスタイン「ポスト・フォッシル」
    インタビュー:カーリン・フランケンスタイン「ポスト・フォッシル」
  • フォトギャラリー:iida発表会、「PLY」
    フォトギャラリー:iida発表会、「PLY」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ルイスポールセンの名作が50周年、カラフルにそして氷のように
  • 2
    上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街
  • 3
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 4
    ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用 フレデリシア
  • 5
    フォトギャラリー:MINIジョン・クーパー・ワークス仕様
  • 6
    アートな驚き! パリで開催中の「ルイ・ヴィトン-マーク・ジェイコブス」展
  • 7
    今週末見るべき映画「僕らのミライへ逆回転」
  • 8
    僕とカミンスキーの旅 【今週末見るべき映画】
  • 9
    紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
  • 10
    「ミツコ」誕生90周年、ゲランから記念フレグランス

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加