カスタマイズする醍醐味。BMW Motorrad「R nineT」

2014年 12月 25日 08:30 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

BMW Motorrad(モトラッド)に興味をもったら、「Long Way Round(邦題:ユアン・マクレガー 大陸横断〜バイクの旅)」を観るといい。ロンドンからニューヨークまで、ユーラシアとアメリカ大陸を横断するドキュメンタリーで(スターウォーズで若きオビ=ワンを演じた)、ユアン・マクレガーが頼りにするのはフォースでもライトセーバーでもなく、BMW MotorradのR 1150 GS Adventure。このGSがいかに究極の旅バイクであることがわかる。

BMW Motorradのラインナップはエンデューロ、ツアラー、ネイキッド、スーパースポーツ、ビッグスクーターと幅広い。ただ、ライダーの間ではエンデューロやツアラーといった旅バイクのイメージが圧倒的に強いように思う。個人的には2007年にハーレーダビッドソンのFLTRと、BMW MotorradのR 1200 GSを天秤にかけ、迷いに迷ってFLTRを選んだ。FLTRには天文学的な数のカスタムパーツを使って自分だけの1台に仕立てる楽しさがあった。ただ眺めたり、手をかけたり、俗に“盆栽”趣味と言われようが、これもバイクを所有する醍醐味のひとつだ。

BMWのカスタマイズはシートポジションを自分の体型に合わせたり、パニアケースを付けて積載量をアップさせたり、より使いやすい“道具”にするためのものが本流。そんな道具感こそBMW Motorradの魅力のひとつだと思っていたが、固定概念を根底から覆してくれそうなのがR nineT(アール・ナインティ)。遊び心たっぷりなブランニューモデルだ。


R nineTはBMW Motorrad 90周年を記念してリリースされた。しかし単なるアニバーサリーモデル以上に野心的でもある。その開発において主導的な役割を果たしたBMW Motorradの車両デザイン部長であるオラ・ステネガルド氏は、担当直入に言う。

車両デザイン部長であるオラ・ステネガルド氏は2003年からBMW Motorradに在籍

「R nineTはカスタマイズしやすいベーシックなバイク。(自分色に染められる)白いキャンバスです。例えば“プラグインプレイ”と呼んでいますが、電気系統のハーネスを分割式にすることで、パチッとカプラーを差し替えるだけでパーツを付け替えられるようにしています」。

これは従来のBMW Motorradのイメージを覆すアプローチだ。そして開発の発端も意外だ。

「R nineTは小さなグループで開発しました。バイク好きが集まると自分たちが乗りたくなるようなバイクを作ろう!となります。そこがスタートラインです。“インターナルガレージプロジェクト”と呼んでいますが、今ではBMW Motorradのアイコンといえる存在のGSシリーズも、もともとは“インターナルガレージプロジェクト”から生まれたのです」。

Related article

  • 写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
    写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
  • マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 北欧ブランドに新しい波/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(5)
    北欧ブランドに新しい波/ミラノデザインウィーク2014。極上のデザインを探しに(5)
  • 写真で旅する/モルディブ、極上という名のリゾート(1)
    写真で旅する/モルディブ、極上という名のリゾート(1)
  • Thank You ! ヴァージン アトランティック航空(5)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
    Thank You ! ヴァージン アトランティック航空(5)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Live Report :YJYが最先端アートイベント「MeCA」音楽プログラムステージ登場 - 2018.02.09 渋谷WWW
  • 2
    女は二度決断する 【今週末見るべき映画】
  • 3
    伝統あるザクロの香りを、ルームフレグランスで楽しむ
  • 4
    ポルシェ、「918スパイダー」はじめニューモデルを続々発表
  • 5
    女性を愛し、女性を描いた印象派、ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 6
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 7
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア 【今週末見るべき映画】
  • 8
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 9
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 10
    夏に涼しく美しい、新・日本の名作椅子「イリス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加