美と機能の融合! CHEMEXの自動コーヒーメーカー登場

2015年 1月 14日 08:10 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほっと一息、くつろぎの時間においしいコーヒーは欠かせない。自宅でも本格コーヒーが楽しめる昨今だからこそ、味わいはもちろんのこと、部屋のインテリアともマッチするようなデザイン性の高いコーヒーメーカーを選びたいもの。とはいえ、店頭に並ぶコーヒーメーカーもスタイリッシュな物が多くどれを選べばよいのか迷ってしまう。そんなあなたにおすすめの製品が、ケメックスから新しく登場した“Ottomatic”だ。これは美しいデザインと究極の機能性が一体となったケメックス初の自動コーヒーメーカーである。


1941年にニューヨークで誕生したケメックスは、実験室のフラスコを使ってコーヒーを淹れていた科学者ピーター・シュラボーム博士が、もっとおいしくコーヒーが飲めるコーヒーメーカーを作りたいと発明したのが始まりである。しかし、その当時は第2次世界大戦中でガラス製造は厳しく制限されていた。ただ諦める事を知らないシュラボーム博士は、当時のルーズベルト大統領に思いの丈をつづった手紙を出し、彼の熱意に感激した大統領が直ちにケメックスの生産を許可したという逸話も残っている。


シュラボーム博士はデザイン美へのこだわりが強く、「余計な部分は一切削ぎ落とし、コアの部分だけを残す」ことに徹底していた。近年でいえば、ダイソンやアップル製品のスタイルと通じる概念である。このケメックスのコーヒーカラフェが、ニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久展示品に選ばれていることも納得である。


誰が淹れても作り出せるクオリティーの高い味、煩わしさのない「自動」という機能性を約束したこのコーヒーメーカーは今までケメックスが欲しくても自分でうまく淹れられるだろうか、と悩んであと一歩踏み出せなかった人を後押ししてくれる一品である。さらにこの“Ottomatic”は、ケメックス特有のガラスと木のぬくもりはそのままに、モダンかつ機能的なのも魅力である。

Related article

  • ミラノサローネ2009 現地レポート(3) トップブランド新作
    ミラノサローネ2009 現地レポート(3) トップブランド新作
  • 太腿を鍛えてから着たい「ティム・コペンズ」
    太腿を鍛えてから着たい「ティム・コペンズ」
  • 蜷川実花の新たな魅力に出会える個展、原美術館にて
    蜷川実花の新たな魅力に出会える個展、原美術館にて
  • 29日、日本デザイン界最大の交流会が開催
    29日、日本デザイン界最大の交流会が開催
  • 銀座のミキモトにオランダのデザインが一堂に
    銀座のミキモトにオランダのデザインが一堂に
  • デトロイトモーターショー2010、デザイン賞はアウディA8
    デトロイトモーターショー2010、デザイン賞はアウディA8

Prev & Next

Ranking

  • 1
    現代アートとファッションのコラボ、LADY DIOR AS SEEN BY展へ
  • 2
    若手建築家ユニット、大西麻貴+百田有希の新作
  • 3
    ポルシェ911タルガ4 / 4Sがアップデート
  • 4
    「ちょぼ」 京都の手仕事が凝縮された逸品
  • 5
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 6
    マリコールから、ボディ専用のリッチな肌再生クリーム登場
  • 7
    ホットケーキパーラー フルフル(赤坂)/TOKYO、厳選サンドイッチ(3)
  • 8
    吉田カバン×ビームスの手ぶらダッフル
  • 9
    ミラノサローネ2010プレビュー、パナソニック電工
  • 10
    これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加