吉岡徳仁を知る/パーマネント コレクション|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(4)

2015年 1月 26日 08:03 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立してから発表されてきた作品は、見る者に新鮮な驚きとともに感動を与え、デザインの歴史を革新するものであった。それらの作品の多くは海外の美術館のパーマネントコレクションになっていることからも、その評価の高さを窺い知ることができる。初期の「Honey-Pop」から2014年の作品まで、思索の痕跡を年代順に吉岡徳仁氏のパーマネント コレクションともいえる作品をたどる。

<#01. Honey-pop(2000年-2001年)>
自然が創り出す蜂の巣は軽量さと強固さを兼ね備えている。そのハニカム構造からアイデアを得てデザインされた椅子Honey-popは、わずか1センチの厚みに積層された120枚のグラシン紙を広げることによりその姿を現す。それはハニカム構造により支持された彫刻のようである。広げた部分の中央に人が腰掛けたその形に座面が浮かびあがることで椅子のフォルムが完成する。ニューヨーク近代美術館を始め世界の主要美術館で永久所蔵品となっている作品。

Related article

  • 森美術館とフライターグのコラボ、75個限定
    森美術館とフライターグのコラボ、75個限定
  • Passion de Rose(パッション ドゥ ローズ)/女をあげる、sweetなスイーツ(2)
    Passion de Rose(パッション ドゥ ローズ)/女をあげる、sweetなスイーツ(2)
  • ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
    ドワネルさんがおすすめする、夏のさわやかワイン
  • IFFT/インテリア ライフスタイル リビング展が開催
    IFFT/インテリア ライフスタイル リビング展が開催
  • ディスプレイを題材にした展覧会「THIS PLAY!」がスタート
    ディスプレイを題材にした展覧会「THIS PLAY!」がスタート
  • 未来のクリエーターたちによる“卒業制作”アワード
    未来のクリエーターたちによる“卒業制作”アワード

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 2
    ミラノサローネ、キッチンにルネッサンス時代が始まる?
  • 3
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 4
    ハンターバレーのワイナリー&レストラン/オーストラリアを旅する(9)
  • 5
    マンダリン オリエンタル 東京の22人のソムリエが、お気に入りワインを紹介
  • 6
    ゲラン「アクア アレゴリア」に加わる新たな香り、「リモン ヴェルデ」
  • 7
    シンガポールビエンナーレに「マーライオン・ホテル」
  • 8
    130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
  • 9
    フォトギャラリー:Design Miami/Basel(2)
  • 10
    星のや 京都で、優雅な一人旅

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加