吉岡徳仁を知る/パーマネント コレクション|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(4)

2015年 1月 26日 08:03 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立してから発表されてきた作品は、見る者に新鮮な驚きとともに感動を与え、デザインの歴史を革新するものであった。それらの作品の多くは海外の美術館のパーマネントコレクションになっていることからも、その評価の高さを窺い知ることができる。初期の「Honey-Pop」から2014年の作品まで、思索の痕跡を年代順に吉岡徳仁氏のパーマネント コレクションともいえる作品をたどる。

<#01. Honey-pop(2000年-2001年)>
自然が創り出す蜂の巣は軽量さと強固さを兼ね備えている。そのハニカム構造からアイデアを得てデザインされた椅子Honey-popは、わずか1センチの厚みに積層された120枚のグラシン紙を広げることによりその姿を現す。それはハニカム構造により支持された彫刻のようである。広げた部分の中央に人が腰掛けたその形に座面が浮かびあがることで椅子のフォルムが完成する。ニューヨーク近代美術館を始め世界の主要美術館で永久所蔵品となっている作品。

Related article

  • 大人可愛い、テーブル&キッチンウェア/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(1)
    大人可愛い、テーブル&キッチンウェア/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(1)
  • ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 11月のおすすめ
  • Interview:メイクアップアーティストMINA・この世は美の奔流。インスピレーションは無限
    Interview:メイクアップアーティストMINA・この世は美の奔流。インスピレーションは無限
  • 表参道ヒルズで篠山紀信写真展「KISHIN:BIJIN」
    表参道ヒルズで篠山紀信写真展「KISHIN:BIJIN」
  • アウディ創立100周年記念、世界最大QRコード製作
    アウディ創立100周年記念、世界最大QRコード製作
  • 今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
    今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 3
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 4
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  • 7
    カルティエLOVEシークレットライブから、動画
  • 8
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加