吉岡徳仁を知る/パーマネント コレクション|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(4)

2015年 1月 26日 08:03 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立してから発表されてきた作品は、見る者に新鮮な驚きとともに感動を与え、デザインの歴史を革新するものであった。それらの作品の多くは海外の美術館のパーマネントコレクションになっていることからも、その評価の高さを窺い知ることができる。初期の「Honey-Pop」から2014年の作品まで、思索の痕跡を年代順に吉岡徳仁氏のパーマネント コレクションともいえる作品をたどる。

<#01. Honey-pop(2000年-2001年)>
自然が創り出す蜂の巣は軽量さと強固さを兼ね備えている。そのハニカム構造からアイデアを得てデザインされた椅子Honey-popは、わずか1センチの厚みに積層された120枚のグラシン紙を広げることによりその姿を現す。それはハニカム構造により支持された彫刻のようである。広げた部分の中央に人が腰掛けたその形に座面が浮かびあがることで椅子のフォルムが完成する。ニューヨーク近代美術館を始め世界の主要美術館で永久所蔵品となっている作品。

Related article

  • デザイナー「オーレ・エクセル」のイラストがアニメ番組に
    デザイナー「オーレ・エクセル」のイラストがアニメ番組に
  • 桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
    桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
  • 南青山に新ライフスタイルショップ「Materia CASA」
    南青山に新ライフスタイルショップ「Materia CASA」
  • 生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から
    生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から
  • 「明日の京焼・清水焼」、新丸ビルにて開催
    「明日の京焼・清水焼」、新丸ビルにて開催
  • 新世代クリエイターによる、iida 2010夏モデル
    新世代クリエイターによる、iida 2010夏モデル

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「危険なプロット」
  • 2
    クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS
  • 3
    「おいしいキッチン」に2008年春の新作が登場
  • 4
    「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
  • 5
    ミラノサローネ2010プレビュー、ブルレック兄弟
  • 6
    武相荘|白洲夫妻が愛した古民家がカフェに
  • 7
    代官山にてポルシェにふける/ポルシェ、その伝説と衝動(4)
  • 8
    28日からアートフェア東京2011
  • 9
    ツイード&自転車で東京を駆け抜ける、「ツイードラン 東京2014」開催
  • 10
    マーク・ニューソン的なるグリーン、新型シロッコ試乗レポート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加