白熱電球の暖かみ再び。LED電球「Siphon」

2015年 2月 3日 08:05 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

省エネで長寿命。機能性とコストパフォーマンスを考えると、LED電球の方が良いのかも。でもデザインがいまいちで…と、LED電球に踏み出せないでいる方に朗報。名古屋の小さなメーカーから「ダサいLEDは終わりにしよう」をテーマに新しいLED電球が誕生した。その名も「Siphon」。白熱電球の美しさをそのままに残しながらもLEDの性能を用いた電球である。

照明、電球にだってオシャレにこだわりたい。でも寿命が短いと何回も交換するのが面倒だしコストがかかるからできるなら長くもつものが良い。というわがままを一度に叶えてくれたのが今回のこの商品だ。


元来のLED電球だと金属を使い放熱していたため、どうしてもデザインのベースがその金属の放熱部位になってしまっていた。さらにそこにプラスチックのカバーとこられては見た目も無機質になってしまい外観に影響が出てしまうのは避けられない。しかしこの「Siphon」ではボディであるガラス全体を使い放熱することで金属部分を無くすことに成功。昔ながらの白熱電球の形を再現することを可能にした。

照明ファンの中には、その暖かみのある光に惚れ今でも空間のアクセントに白熱電球を使用してる人も多いはず。その白熱電球の一番のポイントでもあると言える内側のフィラメントをLEDにすることで、省エネで長寿命、さらには電気代も大幅に軽減されるというのだから開発者には恐れ入る。

Related article

  • 喜多俊之の新家具シリーズ「TRONCO」
    喜多俊之の新家具シリーズ「TRONCO」
  • CLASKAで「ミナ ペルホネンとトラフの新作/習作」展開催中
    CLASKAで「ミナ ペルホネンとトラフの新作/習作」展開催中
  • ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
    ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
  • アントニオ・チッテリオ特別講演「建築家の仕事」
    アントニオ・チッテリオ特別講演「建築家の仕事」
  • アクシスギャラリーで「三保谷硝子店—101年の試作展」開催中
    アクシスギャラリーで「三保谷硝子店—101年の試作展」開催中
  • エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
    エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ダイヤモンドの鍵盤でジャズを。ピアジェの新作
  • 2
    かくも美しいリアルな夢。アルファ ロメオ4C
  • 3
    The NET 網に囚われた男 【今週末見るべき映画】
  • 4
    パーク ハイアット 東京の「2014年クリスマスセレクション」
  • 5
    全く新しいアロマディフューザー「ECRIT」とは?
  • 6
    うわさの詩人、菅原敏とは!?
  • 7
    ジャーナルスタンダードファニチャー 吉祥寺店が新オープン
  • 8
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 9
    ティファニー、憧れと誘惑をまとう/3)ティファニー アトラス
  • 10
    カッシーナ・イクスシーが2008新作家具を発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加