白熱電球の暖かみ再び。LED電球「Siphon」

2015年 2月 3日 08:05 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

省エネで長寿命。機能性とコストパフォーマンスを考えると、LED電球の方が良いのかも。でもデザインがいまいちで…と、LED電球に踏み出せないでいる方に朗報。名古屋の小さなメーカーから「ダサいLEDは終わりにしよう」をテーマに新しいLED電球が誕生した。その名も「Siphon」。白熱電球の美しさをそのままに残しながらもLEDの性能を用いた電球である。

照明、電球にだってオシャレにこだわりたい。でも寿命が短いと何回も交換するのが面倒だしコストがかかるからできるなら長くもつものが良い。というわがままを一度に叶えてくれたのが今回のこの商品だ。


元来のLED電球だと金属を使い放熱していたため、どうしてもデザインのベースがその金属の放熱部位になってしまっていた。さらにそこにプラスチックのカバーとこられては見た目も無機質になってしまい外観に影響が出てしまうのは避けられない。しかしこの「Siphon」ではボディであるガラス全体を使い放熱することで金属部分を無くすことに成功。昔ながらの白熱電球の形を再現することを可能にした。

照明ファンの中には、その暖かみのある光に惚れ今でも空間のアクセントに白熱電球を使用してる人も多いはず。その白熱電球の一番のポイントでもあると言える内側のフィラメントをLEDにすることで、省エネで長寿命、さらには電気代も大幅に軽減されるというのだから開発者には恐れ入る。

Related article

  • モチーフでグラフィカルに/インテリア・インスピレーション(3)
    モチーフでグラフィカルに/インテリア・インスピレーション(3)
  • デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 大人可愛い、テーブル&キッチンウェア/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(1)
    大人可愛い、テーブル&キッチンウェア/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(1)
  • インドの現代デザインがザ・コンランショップに登場
    インドの現代デザインがザ・コンランショップに登場
  • いざというときにも心強いインテリア照明「エネループランプ」
    いざというときにも心強いインテリア照明「エネループランプ」
  • ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    舞台「プルートゥ PLUTO」レビュー
  • 2
    BMW3シリーズが7年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 3
    村上隆、14年ぶりの大規模個展が森美術館で開催
  • 4
    TOBEオーベルジュリゾート(愛媛・松山)/美味しい宿、美味しい旅(4)
  • 5
    マルニ木工から「MARUNI COLLECTION 2009 AUTUMN」
  • 6
    シャネルの期間限定ショップで、新しいラグジュアリー体験を
  • 7
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 8
    カナダ・アリアンヌの春ランジェリー
  • 9
    アナログカメラ「LOMO LC-A」、25歳のバースデー
  • 10
    フォトギャラリー:空気の器 ワークショップ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加