白熱電球の暖かみ再び。LED電球「Siphon」

2015年 2月 3日 08:05 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

省エネで長寿命。機能性とコストパフォーマンスを考えると、LED電球の方が良いのかも。でもデザインがいまいちで…と、LED電球に踏み出せないでいる方に朗報。名古屋の小さなメーカーから「ダサいLEDは終わりにしよう」をテーマに新しいLED電球が誕生した。その名も「Siphon」。白熱電球の美しさをそのままに残しながらもLEDの性能を用いた電球である。

照明、電球にだってオシャレにこだわりたい。でも寿命が短いと何回も交換するのが面倒だしコストがかかるからできるなら長くもつものが良い。というわがままを一度に叶えてくれたのが今回のこの商品だ。


元来のLED電球だと金属を使い放熱していたため、どうしてもデザインのベースがその金属の放熱部位になってしまっていた。さらにそこにプラスチックのカバーとこられては見た目も無機質になってしまい外観に影響が出てしまうのは避けられない。しかしこの「Siphon」ではボディであるガラス全体を使い放熱することで金属部分を無くすことに成功。昔ながらの白熱電球の形を再現することを可能にした。

照明ファンの中には、その暖かみのある光に惚れ今でも空間のアクセントに白熱電球を使用してる人も多いはず。その白熱電球の一番のポイントでもあると言える内側のフィラメントをLEDにすることで、省エネで長寿命、さらには電気代も大幅に軽減されるというのだから開発者には恐れ入る。

Related article

  • 森美術館リニューアルオープン記念|シンプルなかたち展
    森美術館リニューアルオープン記念|シンプルなかたち展
  • IFFT/インテリア ライフスタイル リビング展が開催
    IFFT/インテリア ライフスタイル リビング展が開催
  • あなたを一歩前に突き動かすHOLSTEEポスター
    あなたを一歩前に突き動かすHOLSTEEポスター
  • 長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
  • 「デザインタイドトーキョー 2010」見どころを一挙公開!
    「デザインタイドトーキョー 2010」見どころを一挙公開!
  • ミシェル・ゴンドリー来日。展覧会イベントレポート/ミシェル・ゴンドリーの世界(4)
    ミシェル・ゴンドリー来日。展覧会イベントレポート/ミシェル・ゴンドリーの世界(4)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 2
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • 3
    ミラノサローネ2010、色の魔術師 パオラ・レンティ
  • 4
    今週末見るべき映画「25年目の弦楽四重奏」
  • 5
    フォトギャラリー:ドイツ本国仕様の新型BMW Z4
  • 6
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 7
    六本木ヒルズ けやき坂通りに「37 Steakhouse & Bar」
  • 8
    ソファのようなチェアのようなボーダーレス家具、Sfera新作
  • 9
    日常づかいのうつわとして、「明日の京焼・清水焼 プロジェクト」
  • 10
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加