白熱電球の暖かみ再び。LED電球「Siphon」

2015年 2月 3日 08:05 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

省エネで長寿命。機能性とコストパフォーマンスを考えると、LED電球の方が良いのかも。でもデザインがいまいちで…と、LED電球に踏み出せないでいる方に朗報。名古屋の小さなメーカーから「ダサいLEDは終わりにしよう」をテーマに新しいLED電球が誕生した。その名も「Siphon」。白熱電球の美しさをそのままに残しながらもLEDの性能を用いた電球である。

照明、電球にだってオシャレにこだわりたい。でも寿命が短いと何回も交換するのが面倒だしコストがかかるからできるなら長くもつものが良い。というわがままを一度に叶えてくれたのが今回のこの商品だ。


元来のLED電球だと金属を使い放熱していたため、どうしてもデザインのベースがその金属の放熱部位になってしまっていた。さらにそこにプラスチックのカバーとこられては見た目も無機質になってしまい外観に影響が出てしまうのは避けられない。しかしこの「Siphon」ではボディであるガラス全体を使い放熱することで金属部分を無くすことに成功。昔ながらの白熱電球の形を再現することを可能にした。

照明ファンの中には、その暖かみのある光に惚れ今でも空間のアクセントに白熱電球を使用してる人も多いはず。その白熱電球の一番のポイントでもあると言える内側のフィラメントをLEDにすることで、省エネで長寿命、さらには電気代も大幅に軽減されるというのだから開発者には恐れ入る。

Related article

  • 地面数センチの目線で描いた時代小説「至高の靴職人」
    地面数センチの目線で描いた時代小説「至高の靴職人」
  • TOTO出版20周年記念、杉本貴志、安藤忠雄らの特別書籍発売
    TOTO出版20周年記念、杉本貴志、安藤忠雄らの特別書籍発売
  • 岩手・花巻に「シボネ・デザインラボ」監修のホテルが誕生
    岩手・花巻に「シボネ・デザインラボ」監修のホテルが誕生
  • スウェーディッシュ・ファッションの現在
    スウェーディッシュ・ファッションの現在
  • カジュアルなスタイルにも取り入れたいボウタイスタイル
    カジュアルなスタイルにも取り入れたいボウタイスタイル
  • イタリア、パオラ・レンティが日本本格デビュー
    イタリア、パオラ・レンティが日本本格デビュー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドデザインで埋め尽くされる10日間
  • 2
    ワインオープナー「スクリュープル」30周年記念セット
  • 3
    銀座の新しいスポット「マロニエゲート」がオープン
  • 4
    「エスタブリッシュド&サンズ」日本初ショールームがオープン
  • 5
    究極のフェミニティを装える、ヴェルサーチのフレグランスコフレ限定登場
  • 6
    気鋭のデザイナー、ハイメ・アジョンを起用し飛躍するリヤドロ
  • 7
    素晴らしきかな、人生 【今週末見るべき映画】
  • 8
    ドイツ本国仕様、新型BMW Z4の姿が明らかに
  • 9
    ダ・ドリアデ青山に「スタルク期間限定カフェ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加