白熱電球の暖かみ再び。LED電球「Siphon」

2015年 2月 3日 08:05 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

省エネで長寿命。機能性とコストパフォーマンスを考えると、LED電球の方が良いのかも。でもデザインがいまいちで…と、LED電球に踏み出せないでいる方に朗報。名古屋の小さなメーカーから「ダサいLEDは終わりにしよう」をテーマに新しいLED電球が誕生した。その名も「Siphon」。白熱電球の美しさをそのままに残しながらもLEDの性能を用いた電球である。

照明、電球にだってオシャレにこだわりたい。でも寿命が短いと何回も交換するのが面倒だしコストがかかるからできるなら長くもつものが良い。というわがままを一度に叶えてくれたのが今回のこの商品だ。


元来のLED電球だと金属を使い放熱していたため、どうしてもデザインのベースがその金属の放熱部位になってしまっていた。さらにそこにプラスチックのカバーとこられては見た目も無機質になってしまい外観に影響が出てしまうのは避けられない。しかしこの「Siphon」ではボディであるガラス全体を使い放熱することで金属部分を無くすことに成功。昔ながらの白熱電球の形を再現することを可能にした。

照明ファンの中には、その暖かみのある光に惚れ今でも空間のアクセントに白熱電球を使用してる人も多いはず。その白熱電球の一番のポイントでもあると言える内側のフィラメントをLEDにすることで、省エネで長寿命、さらには電気代も大幅に軽減されるというのだから開発者には恐れ入る。

Related article

  • デジタルライカの最高峰「ライカ M9 チタン」日本上陸
    デジタルライカの最高峰「ライカ M9 チタン」日本上陸
  • 美しき“R”。ジャスパー・モリソンが語る、ラドー新作「r5.5」
    美しき“R”。ジャスパー・モリソンが語る、ラドー新作「r5.5」
  • 大阪デザインの力が結集「リビング&デザイン」展
    大阪デザインの力が結集「リビング&デザイン」展
  • 世界限定仕様、ホワイトカラーバージョンのBeoSound 9000
    世界限定仕様、ホワイトカラーバージョンのBeoSound 9000
  • マルセル・ワンダースの世界~銀とクリスタル
    マルセル・ワンダースの世界~銀とクリスタル
  • イデーの新しい旗艦店が自由が丘にオープン
    イデーの新しい旗艦店が自由が丘にオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • 2
    フォトギャラリー:「±0 2009年秋の新製品」
  • 3
    フォトギャラリー:I LOVE FILM by LOMOGRAPHY x GSS
  • 4
    斬新な九谷焼 「上出・九谷・惠悟展 九谷焼コネクション」
  • 5
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 6
    28日まで「鈴木康広展 まばたきにご注意ください」
  • 7
    丸の内にCAの人気レストラン「A16」日本初上陸
  • 8
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 9
    伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
  • 10
    オフビートで獰猛。XL1200Tという新たなる誘惑

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加