必要な分だけ沸かせる湯沸かし器「Miito」

2015年 3月 2日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

コップ1杯の紅茶が飲みたいだけなのに、電子ケトルを満杯にしてお湯をわかしてしまうことはないだろうか? ティーパーティをするわけでもないのに満杯でお湯を沸かして、でも使うのはその3分1以下だったり。ちりも積もればで気づけば電気代が高くなってしまっている。もし必要分だけのお湯が沸かせたらどんなにエコだろうか。人がついついしてしまう手癖に着目し開発されたのがこの湯沸かし器「Miito」だ。


着目すべきは、湯沸かし器と呼ぶにはあまりにもスタイリッシュなそのデザイン。高性能のスピーカーか何かに見えてしまうその見た目からは、お湯を沸かすための物だと想像するのはなかなか難しい。「Miito」は誘導加熱、いわゆるIH機能を搭載した土台と、小さな円盤のついた細長い金属製ロッドの2部構成。

まずは土台の上に沸かしたい分の水を入れた器を置き、その中にロッドを入れる。すると土台の誘導加熱機能が金属製のロッドだけを加熱。熱くなったロッドが周りの水を加熱し、お湯にするという仕組みだ。

こうすることで器の中の必要量のお湯だけを沸かすことができる。必要量を沸かすというだけで時間短縮になり、エネルギーの節約にもなる。さらに一般的な電子ケトルと比べて水垢やカルキ汚れが少なく、ロッドや土台部分のお掃除も簡単にできる。今までのように数ヶ月に1回つけ置き洗剤で処理するようなこともなくなり、キッチン周りがよりスマートになること間違いない。

Related article

  • 男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(1)
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(1)
  • 吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート
    吉岡徳仁「Cartier Time Art」展、フォトレポート
  • 大型ライフスタイルストア「SLOWHOUSE」、天王洲にオープン
    大型ライフスタイルストア「SLOWHOUSE」、天王洲にオープン
  • 次世代のグリーンスタイル、limbgreenが商品化
    次世代のグリーンスタイル、limbgreenが商品化
  • 羽田発の東京みやげ店「Tokyo’s Tokyo」オープン
    羽田発の東京みやげ店「Tokyo’s Tokyo」オープン
  • デザイナー&クリエイターによる生のレクチャー「SoCa 2008」
    デザイナー&クリエイターによる生のレクチャー「SoCa 2008」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 2
    フォトギャラリー:第6世代目「新型ゴルフ」
  • 3
    今週末見るべき映画「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」
  • 4
    フォトギャラリー:ディーター・ラムス展
  • 5
    小型プレミアムオープン、BMW「120i カブリオレ」
  • 6
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • 7
    フォトギャラリー:新型フェアレディZ北米モデル「370Z」
  • 8
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 9
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 10
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加