必要な分だけ沸かせる湯沸かし器「Miito」

2015年 3月 2日 08:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

コップ1杯の紅茶が飲みたいだけなのに、電子ケトルを満杯にしてお湯をわかしてしまうことはないだろうか? ティーパーティをするわけでもないのに満杯でお湯を沸かして、でも使うのはその3分1以下だったり。ちりも積もればで気づけば電気代が高くなってしまっている。もし必要分だけのお湯が沸かせたらどんなにエコだろうか。人がついついしてしまう手癖に着目し開発されたのがこの湯沸かし器「Miito」だ。


着目すべきは、湯沸かし器と呼ぶにはあまりにもスタイリッシュなそのデザイン。高性能のスピーカーか何かに見えてしまうその見た目からは、お湯を沸かすための物だと想像するのはなかなか難しい。「Miito」は誘導加熱、いわゆるIH機能を搭載した土台と、小さな円盤のついた細長い金属製ロッドの2部構成。

まずは土台の上に沸かしたい分の水を入れた器を置き、その中にロッドを入れる。すると土台の誘導加熱機能が金属製のロッドだけを加熱。熱くなったロッドが周りの水を加熱し、お湯にするという仕組みだ。

こうすることで器の中の必要量のお湯だけを沸かすことができる。必要量を沸かすというだけで時間短縮になり、エネルギーの節約にもなる。さらに一般的な電子ケトルと比べて水垢やカルキ汚れが少なく、ロッドや土台部分のお掃除も簡単にできる。今までのように数ヶ月に1回つけ置き洗剤で処理するようなこともなくなり、キッチン周りがよりスマートになること間違いない。

Related article

  • ディーター・ラムス インタビュー、機能主義デザイン再考
    ディーター・ラムス インタビュー、機能主義デザイン再考
  • 新しいステンレスのスタイルを提案する「SUS」
    新しいステンレスのスタイルを提案する「SUS」
  • 暑い夏の夜は、ナイトプールで遊んで涼をとる
    暑い夏の夜は、ナイトプールで遊んで涼をとる
  • スタルク健在、ドイツで新作バスルーム製品を発表
    スタルク健在、ドイツで新作バスルーム製品を発表
  • DIESEL LIVING、初のテーブルウェアが登場
    DIESEL LIVING、初のテーブルウェアが登場
  • モレスキンノートブックの世界巡回展「Detour」
    モレスキンノートブックの世界巡回展「Detour」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 6
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 7
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 8
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 9
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン
  • 10
    アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネが日本国内に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加