nendo佐藤オオキ氏のパッケージデザインが光る、プレミアムバナナ

2015年 4月 21日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

3本でなんと2,000円! 一般的に売られているバナナが5〜6本で安いものなら100円台と考えたら、なんと20倍以上の値段がつけられたプレミアムバナナが、この春、伊勢丹新宿店 地下/生鮮食品売り場に毎日数量限定でお目見えして話題を呼んでいる。


このバナナは「地球育ち しあわせバナナ®」という名前。なんともおおらかなネーミングであるが、この名前を授けたのが「POPEYE」、「BRUTUS」、「Tarzan」の創刊編集長を務めた敏腕エディター・石川次郎氏。石川氏の子供時代はバナナが贅沢品だったそうで、大切に育てられたプレミアムバナナに馳せた想いが、そのままネーミングに反映されたのだとか。

そして、このパッケージデザインを手がけたのがnendoの佐藤オオキ氏である。ショッパーを兼ねたパッケージとなっているのは、バナナの葉をプリントした一見普通に見えるもの。中身を取り出すには、ショッパーのハンドルを取り外さなければならない。だが、ここからがnendoらしい仕掛けに溢れている。このショッパーは一枚の紙で、なんと葉っぱの形をしているのである。そして開いた裏側には、このバナナがどうやって育てられてプレミアムバナナとなってきたのかのストーリが語られている。

記者発表のときに行われた石川次郎氏と佐藤オオキ氏のトークショー

つまり、このパッケージ兼ショッパーは、物語の語り手でもあるというわけだ。だがこれだけで終わりではない。バナナにはよくブランド名がシールで貼られているが、この「地球育ち しあわせバナナ®」には、バナナの形をしたシールが貼られている。じつはこのシールは2枚重ねになっていて、上の部分をはがすと、バナナみずからがこのバナナのおいしさと魅力を語るという、非常にユニークな仕掛けが施されている。

Related article

  • 外苑前のイタリアン「セラン」で、春野菜フェア開催
    外苑前のイタリアン「セラン」で、春野菜フェア開催
  • 「ベージュ アラン・デュカス 東京」で“幻の豚”限定メニュー
    「ベージュ アラン・デュカス 東京」で“幻の豚”限定メニュー
  • MacBook Proがアップデート、17インチに組み込みバッテリー
    MacBook Proがアップデート、17インチに組み込みバッテリー
  • 「ミシュランガイド東京2009」のセレクションが発表
    「ミシュランガイド東京2009」のセレクションが発表
  • 未来の可能性にスポットライトを|Future Makers#02
    未来の可能性にスポットライトを|Future Makers#02
  • 来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修
    来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修

Prev & Next

Ranking

  • 1
    史上最もパワフルなCクラス
  • 2
    写真で見る、MacBook Pro Retinaディスプレイモデル
  • 3
    カッシーナのミラノ、今年のスターデザイナーはルカ・ニケット
  • 4
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 5
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • 6
    アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE
  • 7
    デザイナー長浦ちえ氏が語る、「水引」の魅力
  • 8
    iPod touchにホワイトモデル登場
  • 9
    「もの派」菅木志雄の個展|東京都現代美術館
  • 10
    シャトー・ムートン・ロスシルド2007年ラベルが発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加