さらにインテリア感覚がすすんだ! 最近のバング&オルフセン

2015年 6月 8日 08:05 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

デンマークのBang & Olufsen(バング&オルフセン)といえば、デザインの美しいオーディオ機器という世界的な評価を得ている。

黒と金属をベースにしたシックなデザインのオーディオ機器は、建築家住宅の取材に行けば、必ず目にする。従来のバング&オルフセンと言えば、やはりそこはそれ、オーディオとしてのアイデンティティの中でデザインされたものが多かったと思う。その発想が変わっているな、と思うのが最近の「B&O PLAY(ビーアンドオープレイ)」」というシリーズの登場だ。


音楽を集中して楽しむのではなく、もっと気楽に暮らしに中に溶け込ませようというインテリア志向のサブブランドだ。

2015年4月に発売になったのがポータブルスピーカー「Beoit15(70,800円)」だ。2012年に発売の「Beoit12」のファミリーとなる。たとえばキッチンに置かれて、食器やスパイスの中にたたずんでいても違和感がない。実は家具やインテリアの世界ではすでに有名な女性デザイナー、セシリエ・マンツのデザインだ。彼女は生粋のコペンハーゲンマダム。

「音楽はコーヒーやケーキ、ワインのように、ライフスタイルの中になくてはならないもの」。そんな感覚からデザインしたという。ピンクのスピーカーが自然光とグリーンの中になじむ。洗練された色のセンスと素材感あってこそだ。持ち運びするストラップは本革で、携帯するときのバランスを考え、クロスするように取り付けられている。


「True360」というサウンドソリューションを採用し、4面、360度から高品質の音が広がる。リビングのセンターテーブルにスピーカーを置くこともできる。スピーカーの定位置は壁際かテレビの脇、という常識から解放されたのだ。ブルートゥースで手元のiPhoneやiPadなどの端末とペアリングでき、手元から操作できる。サイズは230×189×135㎜とコンパクトで、重さもわずか2.7キロ。

Related article

  • ルイス・ポールセンから久々の新作「フリント」
    ルイス・ポールセンから久々の新作「フリント」
  • 小さな驚きを込めたギフトに、水引テーブルウェア
    小さな驚きを込めたギフトに、水引テーブルウェア
  • ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
    ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
  • 「eating + design:デザインにできること2」展
    「eating + design:デザインにできること2」展
  • インド洋の楽園を味わいつくす、多彩なアクティビティ/モルディブ、極上という名のリゾート(3)
    インド洋の楽園を味わいつくす、多彩なアクティビティ/モルディブ、極上という名のリゾート(3)
  • ミラノサローネ2010、パナソニック電工の「全体快適システム」
    ミラノサローネ2010、パナソニック電工の「全体快適システム」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ゴールデンウィークのアップルストアにご当地iPodケース
  • 2
    デザイン志向も強化、東京インターナショナル・ギフトショー
  • 3
    フォトギャラリー:I LOVE FILM by LOMOGRAPHY x GSS
  • 4
    ムービー:「エレメント」セシル・バルモンド展が開幕
  • 5
    今週末見るべき映画「ニューヨーク、恋人たちの2日間」
  • 6
    ブルーノート東京が提案、大人仕様のスタンドカフェ「TUNE」誕生
  • 7
    ヨーガン レール「ババグーリの美しい暮らし」展開催中
  • 8
    「オルセー美術館展2010 ポスト印象派」が開幕
  • 9
    リモワ「トパーズ」シリーズに、ブラックカラーが新登場
  • 10
    クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加