手帳の“メモリ”を賢く増やせる「ポスト・イット(R) 強粘着モバイルメモ」が新登場!

2015年 12月 1日 15:30 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルツールが仕事の効率化をサポートしている現代、唯一生き残っているといえるアナログツールが「紙の手帳」だ。仕事のスケジュール管理をするうえで手帳は必須ツールなわけだが、ビジネスシーンはもとより、ライフスタイルでもデジタルが主流の時代になぜ「紙の手帳」が支持されているのか。


スリーエムジャパン株式会社が、手帳を1年以上使っている20代から50代までのビジネスパーソン男女600名を対象に調査をした結果、「文字を打ち込むよりも書くほうが手軽」「自由に書きたいことが書ける」などが、紙の手帳を支持する理由として挙げられた。さらに「デジタル手帳」との併用者は約3割程度にとどまり、紙の手帳の優位性がうかがえた。とはいえ、紙の手帳ならではの苦悩もある。書き間違いで見た目が汚くなってしまい、気持ちが凹んだ経験のある人は少なくないだろう。また、書き込むスペースが多い手帳はサイズが大きく持ち歩くのが大変。逆にコンパクトサイズの手帳は、書き込むスペースが足らずにイライラすることも。

Related article

  • 妄想と現実が入り交じる「SR×SI」の実態/2014、最新テクノロジー(1)
    妄想と現実が入り交じる「SR×SI」の実態/2014、最新テクノロジー(1)
  • パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表
    パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表
  • 東京都現代美術館にて、ミッション[宇宙×芸術]展
    東京都現代美術館にて、ミッション[宇宙×芸術]展
  • イームズ、ジラードがデザインしたポスターが発売
    イームズ、ジラードがデザインしたポスターが発売
  • タッチセンサー内臓のロジクール「Touch Mouse M600」
    タッチセンサー内臓のロジクール「Touch Mouse M600」
  • 映画に見られる独創的なイマジネーションの世界/ミシェル・ゴンドリーの世界(3)
    映画に見られる独創的なイマジネーションの世界/ミシェル・ゴンドリーの世界(3)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 3
    今週末見るべき映画「ミステリーズ 運命のリスボン」
  • 4
    今週末見るべき映画「ストリート・オーケストラ」
  • 5
    「ほぼ日ハラマキタワー」が、銀座三越に出現!
  • 6
    スウェーデンを代表する陶芸家、リサ・ラーソンの魅力を一挙に紹介する企画展開催
  • 7
    機能的で美しい洋服スタンド&シューズラック
  • 8
    銀塩写真のゆるぎない魅力「GELATIN SILVER SESSION」
  • 9
    六本木の超高層ビルで自然を感じる「ネイチャー・センス展」
  • 10
    「マレンコ」がミニサイズを限定販売

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加