「モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ 2008」を発売

2016年 8月 8日 10:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 270年以上に渡り、祝福と賞賛のシンボルとして、世界で最も愛されているシャンパン「モエ・エ・シャンドン」が72番目のヴィンテージ、「モエ・エ・シャンドン グラン ヴィンテージ 2008」を2016年10月上旬より順次発売開始する。


 天候に恵まれて抜群に品質のよいブドウが育った年に、その年のワインだけを使用して造られるモエ・エ・シャンドンのグランヴィンテージ。シェフ・ド・カーヴ(醸造最高責任者)の自由な発想と芸術性により、これまでの常識から離れ、ブドウ3品種の比率に重点を置いたアサンブラージュ(組み合わせ)を行うことで、その年のブドウの魅力と個性が惜しみなく表現されている。

 シェフ・ド・カーヴを務めるブノワ・ゴエズは「グラン ヴィンテージ 2008」について、「冷涼な気候であったことと、収穫が順調に進んだことで、このヴィンテージの特長であるフレッシュでしっかりとした酸味を備えたブドウが出来ました。控えめでエレガントでありながら鋭さのある熟成感を備えており、その香りは春を感じさせ、快活な味わいに仕上りました。」と語っている。

 かすかに緑がかった輝きのある淡いイエローに、繊細かつ力強い泡が特徴。まず最初にベルガモットやマンダリンオレンジの皮を思わせる柑橘類のニュアンスと、菩提樹、スイカズラ、アカシアの花のような香りが感じられる。また、アニスと青トマトがかすかに香り、次に、熟れた白桃、ネクタリン、黄スモモなどのヒントが感じられます。ブーケを締めくくるのは、ペイストリー、フランジパーヌ、ブリオッシュ、アーモンド、バニラに、白胡椒がほのかに香る優しい香り。

 2008年の特長である酸味が、まっすぐではっきりとした味わいを生んでいる、快活ではつらつとしたヴィンテージです。フレッシュさは白い果実のみずみずしさに包み込まれ、柑橘類の長い余韻とともに、活気に満ちあふれ食欲をそそるフィニッシュへと変わる。

 長い歴史の中で培われてきた技術と伝統、そしてシェフ・ド・カーヴの感性や感覚、経験との融合により生み出される唯一無二の個性を味わいたい。

Related article

  • 東京・丸の内に「旅するブラッスリー」が誕生
    東京・丸の内に「旅するブラッスリー」が誕生
  • フランス・ボルドー最新レポート(4)「甘口ワインがおもしろい」
    フランス・ボルドー最新レポート(4)「甘口ワインがおもしろい」
  • アルマーニ/リストランテ銀座、“食の境界線”を開催中
    アルマーニ/リストランテ銀座、“食の境界線”を開催中
  • 銀座マルキーズと“美食の王様”による、新・ロールケーキ
    銀座マルキーズと“美食の王様”による、新・ロールケーキ
  • Soup Stock Tokyo、”イタリアの大地と食卓から”8種のスープが新登場
    Soup Stock Tokyo、”イタリアの大地と食卓から”8種のスープが新登場
  • 銀座に「ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座」が誕生
    銀座に「ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座」が誕生

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本の心と美、陶器ブランド「美命」の世界
  • 2
    フェミニンに生まれ変わったブルガリ・ブルガリ
  • 3
    ポルシェ新型911シリーズ「カレラ」「カレラS」
  • 4
    パリの人気店が銀座に!「レストラン ドミニク・ブシェ」ついにオープン
  • 5
    エンツォ・マーリ新作は「和弓」がモチーフ
  • 6
    レストアされた「ポルシェ 911 T クーペ北米仕様車」
  • 7
    ビブリオファイル Cruising 1月のおすすめ
  • 8
    現代美術を体現するフランス人女性作家、アネット・メサジェ
  • 9
    創作の現場を見つめる写真家の眼。久家靖秀「Atelier」
  • 10
    ポロシャツどれにする? 「ニットポロ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加