日本橋三越本店でこの秋を彩る"茶の湯"の世界を愉しむ 「彩り茶会」

2017年 8月 17日 11:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の彩り茶会で最大の注目は、「茶の湯をもっと自由に!もっと愉しく!」をコンセプトに、固定概念にとらわれない自由な感覚で、伝統文化である茶の湯の世界を、極上のおもてなしと共に提案する茶人、裏千家茶道准教授の松村宗亮氏らによる、おもてなしの心をキーワードにした茶会。


 現代の音楽やカルチャーを取り込んだ、まったく新しい茶の湯のスタイルで、お茶の世界をスタイリッシュに拡張する現代の茶人である松村氏は、基本を熟知しながら、自由な発想でお茶本来の楽しみを提案。固定概念にとらわれない、茶の湯に美術や書道を驚きのスタイルでマッチングし、時に、HUMAN BEATBOXに合わせるという、伝統文化を背景にもった独自の茶の湯のパフォーマンスで注目を集めている。


 本展の会期初日となる23日には、現代“茶の湯”パフォーマンス〜「妖―AYAKASHI―」と題した、茶の湯を現代的に解釈したパフォーマンスが、本館1階ウインドーと、本館1階中央ホールで開催されるので注目したい。

 これには松村氏に加え、HUMAN BEATBOX日本チャンピオンのKAIRI氏、陶芸家の金理有氏、書道家の万美氏が参加するから見逃せない。

Related article

  • Interview:フルーツという、時を刻むオブジェクト。
    Interview:フルーツという、時を刻むオブジェクト。
  • おもてなしの心にあふれた日本茶のセレクトショップが福岡にオープン 「151E(イチゴイチエ)」
    おもてなしの心にあふれた日本茶のセレクトショップが福岡にオープン 「151E(イチゴイチエ)」
  • Interview:カルテルCEO クラウディオ・ルーティ氏&吉岡徳仁氏
    Interview:カルテルCEO クラウディオ・ルーティ氏&吉岡徳仁氏
  • 芝生広場に出現した小さな都市 「ミッドパーク・ダンジョン」
    芝生広場に出現した小さな都市 「ミッドパーク・ダンジョン」
  • これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー
    これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー
  • つくり手の顔がみえる「クラマエビル」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(5)
    つくり手の顔がみえる「クラマエビル」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(5)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:アマダナのポケットビデオカメラ「SAL」
  • 2
    ルイの9番目の人生 【今週末見るべき映画】
  • 3
    フォトギャラリー:ポルシェ「ケイマンR」
  • 4
    フォトギャラリー:新型フェラーリ「フェラーリ・カリフォルニア」
  • 5
    日本初公開「フェラーリ 458イタリア」
  • 6
    人は日々変わり続ける「トランスフォーメーション」展
  • 7
    マーク・ニューソン的なるグリーン、新型シロッコ試乗レポート
  • 8
    ブルーム・オブ・イエスタディ 【今週末見るべき映画】
  • 9
    今週末見るべき映画「ヒトラーの贋札」
  • 10
    フォトギャラリー:アウディ A1

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加