日本橋三越本店でこの秋を彩る"茶の湯"の世界を愉しむ 「彩り茶会」

2017年 8月 17日 11:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月23日から28日には、「彩り茶会 新しい道具のカタチ」が日本橋三越本店 1階 中央ホールで開催。ここでは、茶道に使われる道具に、新しいデザインや可愛らしさをかけ合わせた、日常生活でも気軽に使うことができる茶道具を紹介する。


 京都の粋と技を受け継ぐ友禅作家の藤井寛氏による、インテリアとしても最適な手染め京友禅を贅沢に用いた茶箱や、季節を感じさせてくれる創作木版画といった伝統工芸作品、日用に使える懐紙や茶懐紙などの選りすぐりの和紙製品も販売される。

 会期中にはさまざまな売り場で、この秋ならではのお茶会気分を味わいながら、店内を回遊し楽しめる回遊ラリー「彩り茶会めぐり」も開催する(9月5日まで)。


 本館1階 ライオン口でパスを受取り、館内を巡り、茶会や謎解きを体験しながら、プレゼントをもらえる誰でも参加できるイベント。


 ほかにも、茶葉生産者による、お茶の飲み比べセミナーや、着物で本格的に茶の湯の世界を愉しむきっかけになる「はじめてのきものde茶会 茶BAR「アバンギャルド茶会」」や、トークショーなども開催されるから注目だ。

 暦は夏から秋に変わり、季節がゆっくりと秋に変わるこのタイミング。薫り高いお茶を味わい、日本橋三越本店で日本文化を感じ、心豊かなひとときを過ごしながらお買い物を愉しむ時間を満喫したい。(文・加藤孝司)

「彩り茶会めぐり」
会期:2017年8月23日(水)〜9月5日(火)※8月29日(火)は店舗休業日
受付:日本橋三越本店 本館1Fライオン口

http://www.mitsukoshiguide.jp/irodorisai/

PR:日本橋三越

Related article

  • 「静けさのなかにみえる、未来への道筋」 トーマス・バイルレ インタビュー
    「静けさのなかにみえる、未来への道筋」 トーマス・バイルレ インタビュー
  • Works/アート|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(3)
    Works/アート|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(3)
  • 人気歌手 リタ オラも来場。「リトル ブラック ジャケット」 in ドバイ
    人気歌手 リタ オラも来場。「リトル ブラック ジャケット」 in ドバイ
  • 美しくも儚いアート体験をする。エスパス ルイ・ヴィトン東京『Traces of Disappearance(消失の痕跡)』
    美しくも儚いアート体験をする。エスパス ルイ・ヴィトン東京『Traces of Disappearance(消失の痕跡)』
  • 写真とは何か?を問う 『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』
    写真とは何か?を問う 『ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー』
  • レザーアイテム「m+」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(3)
    レザーアイテム「m+」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(3)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「恐怖分子」
  • 2
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 3
    #謎2・謎3|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 4
    ユナイテッドアローズで「MARJORAM」期間限定販売会
  • 5
    期間限定販売、SANAAのアームレスチェアに走れ!
  • 6
    今週末見るべき映画「マリリン 7日間の恋」
  • 7
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 8
    ジャスパー・モリソン デザインのRADO「r5.5」
  • 9
    今週末見るべき映画「イレブン・ミニッツ」
  • 10
    代官山のビューティランドマーク、コスメキッチンの11年目の挑戦

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加