茶の湯の世界でおもてなしの心を 日本橋三越本店で「彩り茶会」が開催中

2017年 8月 25日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本橋三越本店で、お茶をめぐる注目のイベント「彩り茶会」が8月23日(水)にスタートした。(9月5日(火)まで、※8月29日(火)は店舗休業日)


 お茶のあるシーンは私たち日本人にとって、憩いとおもてなしにおいて、古くから身近に親しまれてきたものである。お客様のことを思い、一杯いっぱい心を込めて淹れるお茶は、何ものにもかえがたいおもてなしの形のあらわれである。

 このたび日本橋三越本店で始まった「彩り茶会」は、日本人である私たちにとって欠かすことのできないお茶の世界を、たっぷりのおもてなしの心を込めて、館内各所で展開している。茶道に親しみのない人にも、楽しみながらお茶の世界に触れることのできるまたとないイベントである。

 100年ほど前、⽇本橋三越本店には「空中庵」という屋上茶室があり、国内外の賓客をもてなしていたという歴史をもつ。主人がお客様をもてなす精神は、いつの時代にあっても変わらない。


 彩り茶会は、「茶の湯をもっと自由に!もっと愉しく!」をコンセプトに、自由な感性で茶の湯の世界を提案する茶人、裏千家茶道准教授の松村宗亮氏による、極上のおもてなしに溢れたお茶にまつわる企画が満載。


 館内はあらゆる場所が茶の湯をイメージしたしつらえに。ライオン口から入ると、正面には茶室をイメージした展示があり、その足元は石畳みに見立てた床になっており、秋らしく紅葉が散りばめられた石畳の上を歩きながら茶室に入るようなワクワクするしつらえだ。


 その横には、ライオン口 スタンプラリー受付があり、ここで、参加パスとパンフレットを受け取り、「彩り茶会めぐり」がスタート!「茶会めぐりMAP」に記載の館内売り場各所に設置されたポイントを巡り、謎を解いたり、茶会を愉しんだりしながらスタンプを集め、先ほどの受付に戻り、アンケートに答えるとプレゼントをもらうことができる。

Related article

  • 「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本
    「つかう本」幅允孝が提案する、考えることを刺激する本
  • 世界に誇る「アート」としての日本の伝統工芸  日本橋三越本店で「日本伝統工芸展」が開催中
    世界に誇る「アート」としての日本の伝統工芸 日本橋三越本店で「日本伝統工芸展」が開催中
  • 19世紀パリの世界、ラデュレ日本橋店「サロン・ド・テ」
    19世紀パリの世界、ラデュレ日本橋店「サロン・ド・テ」
  • おもてなしの心にあふれた日本茶のセレクトショップが福岡にオープン 「151E(イチゴイチエ)」
    おもてなしの心にあふれた日本茶のセレクトショップが福岡にオープン 「151E(イチゴイチエ)」
  • 大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
    大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
  • あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/3)前田エマ
    あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/3)前田エマ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 2
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 3
    コカ·コーラ|世界中で愛されているボトルが100周年。その歴史と進化を体感できるイベントを開催!
  • 4
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 5
    「つながり」を考えるアート、森美術館で開催中
  • 6
    20周年を迎えてなお進化するカトリーヌ・メミ
  • 7
    フォトギャラリー:「MINI クーパー コンバーチブル」
  • 8
    Interview:メイクアップアーティストMINA・この世は美の奔流。インスピレーションは無限
  • 9
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(1)
  • 10
    美しい湘南の海を目前に望む「佐島倶楽部」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加