茶の湯の世界でおもてなしの心を 日本橋三越本店で「彩り茶会」が開催中

2017年 8月 25日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本橋三越本店で、お茶をめぐる注目のイベント「彩り茶会」が8月23日(水)にスタートした。(9月5日(火)まで、※8月29日(火)は店舗休業日)


 お茶のあるシーンは私たち日本人にとって、憩いとおもてなしにおいて、古くから身近に親しまれてきたものである。お客様のことを思い、一杯いっぱい心を込めて淹れるお茶は、何ものにもかえがたいおもてなしの形のあらわれである。

 このたび日本橋三越本店で始まった「彩り茶会」は、日本人である私たちにとって欠かすことのできないお茶の世界を、たっぷりのおもてなしの心を込めて、館内各所で展開している。茶道に親しみのない人にも、楽しみながらお茶の世界に触れることのできるまたとないイベントである。

 100年ほど前、⽇本橋三越本店には「空中庵」という屋上茶室があり、国内外の賓客をもてなしていたという歴史をもつ。主人がお客様をもてなす精神は、いつの時代にあっても変わらない。


 彩り茶会は、「茶の湯をもっと自由に!もっと愉しく!」をコンセプトに、自由な感性で茶の湯の世界を提案する茶人、裏千家茶道准教授の松村宗亮氏による、極上のおもてなしに溢れたお茶にまつわる企画が満載。


 館内はあらゆる場所が茶の湯をイメージしたしつらえに。ライオン口から入ると、正面には茶室をイメージした展示があり、その足元は石畳みに見立てた床になっており、秋らしく紅葉が散りばめられた石畳の上を歩きながら茶室に入るようなワクワクするしつらえだ。


 その横には、ライオン口 スタンプラリー受付があり、ここで、参加パスとパンフレットを受け取り、「彩り茶会めぐり」がスタート!「茶会めぐりMAP」に記載の館内売り場各所に設置されたポイントを巡り、謎を解いたり、茶会を愉しんだりしながらスタンプを集め、先ほどの受付に戻り、アンケートに答えるとプレゼントをもらうことができる。

Related article

  • Interview:エドワード・バーバー氏・ジャパンクリエイティブ
    Interview:エドワード・バーバー氏・ジャパンクリエイティブ
  • ペット用自動給餌器「PETLY」のある暮らし
    ペット用自動給餌器「PETLY」のある暮らし
  • マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
    写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
  • ネコづくしのショップ「POPMOTTO du CAT LOVER」、オープン
    ネコづくしのショップ「POPMOTTO du CAT LOVER」、オープン
  • エルネスト・ネトの世界観をiPad体験でさらに深める。
    エルネスト・ネトの世界観をiPad体験でさらに深める。

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:アマダナのポケットビデオカメラ「SAL」
  • 2
    ルイの9番目の人生 【今週末見るべき映画】
  • 3
    フォトギャラリー:ポルシェ「ケイマンR」
  • 4
    フォトギャラリー:新型フェラーリ「フェラーリ・カリフォルニア」
  • 5
    日本初公開「フェラーリ 458イタリア」
  • 6
    人は日々変わり続ける「トランスフォーメーション」展
  • 7
    マーク・ニューソン的なるグリーン、新型シロッコ試乗レポート
  • 8
    今週末見るべき映画「レッドクリフ PartI」
  • 9
    ブルーム・オブ・イエスタディ 【今週末見るべき映画】
  • 10
    今週末見るべき映画「ヒトラーの贋札」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加