12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー展

2007年 7月 13日 10:04 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・新宿のリビングデザインセンターOZONEで、恒例の「夏の大茶会」が開催されている。今年はお茶を楽しむためのティーウェア提案として、「12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー展」が見ものの一つだ。日本屈指の生産量を誇る、美濃焼産地企業と、日本を代表する現代建築家12人による、壮大なコラボレーションが見られる。


 なぜ、建築家なのか。それは理念と哲学、独創性を追求する建築は、プロダクトデザインの原点であるため。陶芸家やプロダクトデザイナーとは違う、新しい視点で、生活のベーシックな道具であるカップ&ソーサーに12人が向き合った。彼らが提案したアイデアは、高い型技術が要求されたため、各メーカーは何度も試作を繰り返したという。それは技術力の維持向上となり、また岐阜県内地場産業の活性化にもつながった。

 青木淳の「Tea for Two」。掌で包み込むように、カップを下から包んだソーサーで、お茶の温かさをキープ。お茶が空中に保たれているような風景に見える。上に飛び出た把手がユニーク。¥10,000

【青木淳「Tea for Two」】


 伊東豊雄の「Bo」。表情の柔らかなやや大振りなカップは、日本の湯飲みを思わせる。雲のような3つの膨らみは、把手の代わりとなり、手に持つとしっくり指に馴染むのが分かる。新しい豊かさ、温かさを追求した形。¥8,000

【伊東豊雄「Bo」】


 隈研吾の「tsuki」。カップの円、ソーサーの外周と中央のくぼみ。3つとも完全な曲面を描いている。その曲面によって構成されている作品。¥6,000

【隈研吾「tsuki」】

Related article

  • フォトギャラリー:DESIGNTIDE TOKYO 2009
    フォトギャラリー:DESIGNTIDE TOKYO 2009
  • 吉岡徳仁が、Kartell社より新作「TWINKLE」を発表
    吉岡徳仁が、Kartell社より新作「TWINKLE」を発表
  • マルニ木工から「MARUNI COLLECTION 2009 AUTUMN」
    マルニ木工から「MARUNI COLLECTION 2009 AUTUMN」
  • 5日まで「隈研吾×TIME & STYLE」展
    5日まで「隈研吾×TIME & STYLE」展
  • 「Onyx」の何度でも使える、次世代アイスキューブ
    「Onyx」の何度でも使える、次世代アイスキューブ
  •  ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北米ショーに「MINI ジョン・クーパー・ワークス ペースマン」を公開
  • 2
    今週末見るべき映画「ムーンライズ・キングダム」
  • 3
    オーガニックでおいしいシドニー/オーストラリアを旅する(6)
  • 4
    深澤直人ディレクション、「拭く」をテーマにしたワークショップ
  • 5
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 6
    吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
  • 7
    Chocolat Chic (ショコラ・シック)/女をあげる、sweetなスイーツ(4)
  • 8
    今週末見るべき映画「フレンチアルプスで起きたこと」
  • 9
    はじまりへの旅 【今週末見るべき映画】
  • 10
    今週末見るべき映画「ラサへの歩き方 祈りの2400km」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加