いますぐ手に入れたい、デザインアンブレラ

2008年 6月 3日 00:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 従来のカサがうしろにすっと引っ張られたような、流れるようなデザイン。美しいこのカサは、オランダのSENZ アンブレラ社から、昨年発売されるや否や初回生産の1万本がたちまち売り切れになったというヒット商品だ。


 従来のカサはどの方向からでも同じ形なので、一定方向からの強い力に負けてしまい、くるりと裏返ってしまう。ところがこの前後が非対称で、流れるようなかたちで、強い力にもあらがうことなく風を受け流し、大学の研究室では風力10の力にも耐えるという結果が出た。


 同社いわく「風と争うのではなく、遊ぶように風を受け止め、風の力に対してベストのポジションを保ちます」。

 空気力学を応用した形が、使う人を風雨から守ってくれるという。日本のような台風銀座には、願ってもない機能。毎年、台風の後には雨風との戦いに負けたカサが累々とならぶ日本。これなら、台風シーズンも安心して迎えられそうだ。


 背にむかって長いフォルムは、バックパックなど背中に背負ったものを濡らさずにすむ。グリップは握りやすい素材。さらにカサの骨の先は、目などにささらないように保護カバーがついているが、こういった細かい部分も美しいデザインになっている。

 さらにヨーロッパの人らしい配慮、と感じるのは製品へのこんなコメントだ。「カサの中からの外への眺めも完璧です」。もちろん一般的な視野範囲をキープしているのはもちろん、雨の日の景色も楽しもうという、豊かな心も感じられる。レギュラータイプが¥9,975、折りたたみタイプが¥6,825。センプレ青山、六本木のリビング・モティーフ、渋谷のarenotなどで販売中。

お問い合わせ:マークスインターナショナル tel.03-3877-1368

取材/本間美紀

Related article

  • NARUMIの新ショップ「DIECI GINZA」がオープン
    NARUMIの新ショップ「DIECI GINZA」がオープン
  • ドイツBRAUN社ディートリッヒ・ルブスの万年筆
    ドイツBRAUN社ディートリッヒ・ルブスの万年筆
  • アート気分で走る、ボルボC30グラフィックカー
    アート気分で走る、ボルボC30グラフィックカー
  • 未来のテクノロジーを体験できる17日間 「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」が開催
    未来のテクノロジーを体験できる17日間 「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」が開催
  • 森田恭通デザインのオーデマ ピゲ
    森田恭通デザインのオーデマ ピゲ
  • フォトギャラリー:イタリアの美しいタイル「ビザッツァ東京」
    フォトギャラリー:イタリアの美しいタイル「ビザッツァ東京」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デロンギのエスプレッソマシンがつなぐ、コーヒーのある豊かな生活
  • 2
    27日、一夜限りの「六本木アートナイト」開催
  • 3
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
  • 4
    バッグの黄金比がここに。チセイというフィレンツェ発レーベル
  • 5
    アーティスト8組による“刺しゅう”の展覧会@東京都庭園美術館
  • 6
    多様な世界を等価に映し出す「アンドレアス・グルスキー展」
  • 7
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
  • 8
    スカイツリー内、伝統工芸ツリーの秘密。デザイナー橋本夕紀夫インタビュー
  • 9
    ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」
  • 10
    史上最もパワフルなCクラス

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加